大福マル~福敬登(ふくひろと)~

福 敬登(ふく ひろと.jpg





ドラゴンズ抑えの三人衆、大福マル。

その二番目が、福投手なのだが、この方が祖父江より先に投げることが多い。

そういう意味では、福大マルが呼称としては正しいのかもしれない。

この人も実は、相当苦労して今日の立場にある。

JR九州からドラフトでドラゴンズに入り、一時期は肩を痛めて、育成選手にまで落ちた。

だが、山本昌から引き継いだ背番号「34」を再び背に負って復活し、今季花開いた、そんな感じである。

野球の勝敗はピッチャーが作ることが多い。

まず、先発ピッチャーが、負けていても僅差で6回まで試合を作って行ってくれないといけない。

イニング前半に大量失点するようでは、まず逆転はない。

で、重要なのが、後ろの7~9回までのイニングである。

ここで失点しない抑えの鉄壁なリレーが出来上がれば、6回までにリードしておけばいいということになる。

事実、ドラゴンズは昨日の横浜戦までに、6回終了時点で勝っていれば34連勝を記録している。

いかに「大福マル」が安定しているかという証拠である。

かつては、阪神に「JFK」と呼ばれた三人衆がいた。

抑えの三人衆がいるかどうかは大きな違いである。

だが、なかなかできないものらしい。

まず、三人ともコントロールがよくなくてはいけない。

次に、度胸がよくなくてはいけない。

強打者が出てきた途端、打たれまいとフォアボールを出すような度胸のない投手はプロには向かない。

福は、ピンチになると、ふつうのピッチャーはたいがい青ざめた顔をしているが、この人は、こうしてボールを頭の後ろに軽くぶつけて少し微笑む。

「なにやってんだ」とでもいうような表情である。

この人がこういう表情をしているときは、だいたい大丈夫だ。

ここという打者を三振に切って落として、ピンチを切り抜けてくれる。

恐怖に打ち克つ勇気の残っている証拠だ。

抑えの三人衆は、登板するたびに、今日は打たれるかもしれないという恐怖を押し殺しているはずだ。

祖父江が目つきが悪くなるのもそのせいだろう。

ピッチャーというポジションは、花形だけに人間性がもろに出るポジションでもある。






















"大福マル~福敬登(ふくひろと)~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント