本村健太郎弁護士

jiseiさんからは、「行列のできる」は見てませんと一刀両断に切り捨てられましたが、弁護士シリーズで何人か描きましたので、しばらくお付き合いください。 今日は、本村健太郎さん。 山崎邦正そっくりのおよそ弁護士らしからぬ風貌だし、話し方で、最初は驚きました。 どこの人かと思ったら、佐賀県の出身。 同郷人…
コメント:2

続きを読むread more

原田ゆかさん~木曽路のCM~

ゆらり人さんからのリクエストで描きました。 原田ゆかさん。 しゃぶしゃぶの「木曽路」のCMで出ていらっしゃいます。 いいですよね、こういう和服姿が似合う日本美人然とした日本女性。 ゆらりさんが夢中になられるのもわかります。 それと、たまに美人を入れないと来てくださる方もがた減りします。 み…
コメント:4

続きを読むread more

北村晴男さん

この人の表情が僕の友人にすごく似てまして、近しいものを感じていました。 言い込められた時の「子どもがお菓子取上げられた」時とそっくりの顔。 何とも言えない微妙な、でもかわいらしい表情が好きです。 この方も「行列のできる」で顔を売ってますが、本業の方はうまくいってるんでしょうかね? …
コメント:4

続きを読むread more

橋下徹さん

名前はなるべく間違えないように、と思っていますが、橋本聖子さんを「橋下」と間違ってしまいました。 画像をググったとき、「橋下聖子」で橋本聖子さんの写真が出てきたからです。 すっかり信用してしまいました。 で、今日は、その「はしもと」つながりで、橋下徹さん。 時たま情報番組で出ていらっしゃる姿を見ま…
コメント:6

続きを読むread more

橋本聖子さん

橋本聖子さん。 なまじ聖子なんて名前だったからオリンピックの呪縛から解き放たれないのでしょうかね? まだまだご苦労されるんでしょう。 丸川五輪相、小池都知事、橋本聖子さんの三人で、三人官女なんだそうです。 お雛様はいいけど、こっちの「官」女は、どうなんですかね? ま、国民はお手並み拝見でしょ…
コメント:8

続きを読むread more

和田正人さん

和田正人さん、俳優さんですが、箱根の大学駅伝とかの際によく解説で出ていらっしゃいます。 「陸王」にも出ていらっしゃいました。 で、ググってみましたら、この方も学生時代マラソンをなさっていたみたいです。 ぼくのような足の遅い人間は、陸上競技、とりわけマラソンなどまるで縁がない存在でした。 と言っても…
コメント:4

続きを読むread more

天知茂さん

昨日の嵯川哲朗さんのところで、ぼくは一部この方と混同していたことに気がつきました。 確か「非情のライセンス」に出演されていたなと思っていたら、その項目が出てこない。 おかしいなと調べてみましたら、「非情のライセンス」は天知茂さんでした。 記憶などというものはいい加減なものです。 そして、天知茂さん…
コメント:4

続きを読むread more

北原佐和子さん

ほとんどの人が知らないかもね。 80年代に活躍した元アイドルで、「夢で逢えたら」とか「土曜日のシンデレラ」とか歌ってました。 女優さんとしても長く活躍されていました。 くびき野さんだけはわかるはず。 いま、介護の仕事をされているんですってね。 えらいなぁって思ってます。 ぼくも介護され…
コメント:8

続きを読むread more

森明予報士

ひるおびシリーズ、この方まで。 家内が、「森さんは描いたの?」というので描いてみました。 ま、こんなもんでしょ。 家内に見せると、「もっと、ああだとかこうだとか」言うのでしょうが。 なかなか進歩するって難しいねと先日もつぶやいておられました。 「♪戦わないやつが笑うだろ~~、ファイト!!!」…
コメント:4

続きを読むread more

八代英輝弁護士

恵さんを出したからは、この方もかなと思って描きました。 それだけのことで、特に書きたいこともありません。 テレビで名を売った弁護士さん。 橋下徹さん、丸山なんちゃらさん、行列の北村晴夫さん、本村健太郎さん、住田女史…。 みんな、本業の方はちゃんとやってるのと思っていましたが、八代英輝弁護士はどうなんで…
コメント:6

続きを読むread more

恵俊彰さん

昼の情報番組、どれも似たり寄ったりでどれもあまり好きではない。 だが、比較的多いのがこの方がMCをやっている「ひるおび」だろうか。 ぐぐってみたら、2009年からみたいだ。 もう十数年やっているということになる。 MCという仕事は、実は大変な知力と体力を必要とする。 昔、宮崎緑さんというNH…
コメント:8

続きを読むread more

ヤマザキマリさん

漫画「テルマエ・ロマエ」を描いた方。 もう11年も経つんですね。 この漫画はかなりの衝撃でした。 絵もストーリーも知性と修練を感じたからだ。 最初、ぼくは、歯医者さんか床屋さんで何気に手に取って、驚いたという記憶がある。 読み始めたらやめられなくなって、残りは漫画喫茶で一気に読み上げた。 …
コメント:4

続きを読むread more

早見優ちゃん

早見優ちゃんなどと呼んでしまったが、もう間違いなく中年おばさんになっていらっしゃるだろう。 その昔、名古屋の国際ホテルの高級喫茶店だった「関白」で、人と待ち合わせしていたら、隣で打ち合わせをしているのが早見優ちゃんであった。 まだ、十代くらいだったように思う。 ま、あとにも先にもそれだけのご縁であったが…
コメント:12

続きを読むread more

田牧ソラちゃん~突撃カネオくん 日直アシスタント~

そういえばというので調べてみましたら、「田牧」という姓は三重県に多いらしい。 一般的には、「玉木」「玉置」「田巻」だろうか。 実は、ずいぶん昔のことだが、玉置さんという方が「ほんとうは、田牧です」とおっしゃっていた。 ぼく的には、田牧のほうが新鮮に映ったのだが。 この方、嫁がれた先が、「玉置(たま…
コメント:4

続きを読むread more

有吉佐和子さん

青春時代、三島由紀夫に並ぶくらい読んだのが、有吉佐和子の作品だった。 「紀ノ川」「有田川」「日高川」「恍惚の人」「和宮御留目」「非色」…、パッと並べてもこれくらい出て来る。 この方は、少女時代から才女だったという。 実は、いま、ぼくが塾で受け持っている小6の女の子が、才女の匂いがする子である。 …
コメント:8

続きを読むread more

山崎努さん

デビューで印象に残ったと言えば、この方もそうでした。 映画「天国と地獄」。 犯人役だったこの方の名演は、今でも心に残っています。 ぼくはまだ少年の部類だったので、兄に「この人、絶対、なんか悪いことした人だよね」と念を押したことがありました。 山崎努さんじゃなかったかもしれませんが。 あま…
コメント:8

続きを読むread more

宇多田ヒカルさん

お母さんを出して、娘さんを出さないのは片手落ちかな、ということで、宇多田ヒカルさん。 この人のデビューは鮮烈でした。 か細く震えてるような歌声で、素人でも分かる難しそうな旋律をサラッと歌ってみせる。 さすがアメリカ育ち。 そう思いませんでしたか? 日本人だけど、日本人にはない新鮮な感覚がみず…
コメント:8

続きを読むread more

アウンサンスーチーさん

ミャンマーという国もなんかわけのわからない国ですね。 この方が軍事政権に代わって、最高権力者になったもんだと思っていました。 ぼくが少年時代教えてくださっていた剣道の先生が、ビルマに行った方でした。 稽古の後に神社の境内で、ビルマの話を聞かされました。 その頃からわけがわからないでいました。 …
コメント:6

続きを読むread more