前頭前野を鍛える

まずはこの映像をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=ORWlUDyz8-4&feature=youtu.be


What's up?さん、外国語で脳を鍛えるのは凄くいいのですね。

言語活動も認知症には効果があるのですね。

「読み聞かせ」から始めて、座っての学習までの回復過程の写真など感動しました。

前頭前野を鍛える方法として、こんなことも書かれていました。



頭を鍛える方法として、もっともオススメなのは音読です。
文字を読みながら声にも出すことによって、3つの感覚器官が使われます。視覚、聴覚、体性感覚(のどやあご、顔の筋肉)です。

中学生や高校生が、たんにテキストを黙読しているときは、視覚だけしか使われません。そのため目だけは文字を追っているけれど、考えていることは別の事、といったことになりかねません。しかし耳から自分の声も入ってくると、しっかり勉強に集中していくことができます。記憶力が倍増すること請け合いです。

音読のすばらしい効果とは?

音読は、このように普段の勉強自体に取り入れる方法以外に、脳トレとして切り離して行う方法があります。つまり使う教材は、別に教科書である必要はないのです。たとえば自分が好きな趣味の本とか、アイドルが書いた本でもよいのです。活字でさえあれば・・・。

それらの本を声を出して音読します。音読のやり方としては、まずは準備運動として、ふつうの速度で発声します。慣れてきたらスピードを上げます。それ以上速くしたら、舌がからまってしまいそう...というところまでスピードアップします。
音読はゆっくり行うよりも、できるだけ速く行った方が、脳が活性化し、頭を鍛えることができます。
前頭葉のワーキングメモリが、どんどん入ってくる情報を処理しようとしてフル回転するので、前頭前野が活性化するのです。


ぼくも自信を持って、「朗読」も教えられます。



"前頭前野を鍛える" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント