恒松裕里(つねまつゆり)

恒松裕里.jpg



おかえりモネで、百音の吹奏楽の友人として出ています。

役柄名はちょっとわかりませんが。

遠めに見ても可愛い子です。

ぼくは、モネより妹よりこの子押しかな。

昔、こういう感じの子をひそかに思っていました。





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

jisei
2021年06月16日 16:02
みんな違ってみんないい、ではないですが誰が見てもかわいい子はみんな可愛い。
gatten-shochi
2021年06月16日 17:29
 「おちょやん」は浪花千恵子がモデルだったのと子役とトータス松本のインパクトが凄くて、ついつい観てしまいましたが(^^;
今回の「おかえりモネ」は、宮城県が舞台ですが出身地ではないということもあってか、どうもネツが入りません。
人生で一番長く住んでいる土地なんですけれどね(^^)
まぁ、登米も気仙沼もなじみが薄い…
 妻が見ているので、横で見るともなく眺めている感じなので、正直、誰が誰なのか…
お父さん役の内野聖陽は「ふたりっ子」の彼氏(岩崎ひろみ)でした。
ハマっちゃって、再放送の土曜日の午前中はテレビの前から一歩も動かずで妻に文句を言われました(^^:
録画しちゃうと後回しになっちゃいそうで(^^)

ということで(?)、この方は分かりませんという言い訳でした(^^♪
2021年06月16日 17:32
モネの音楽部の友達ですね。 そういえばきれいな女の子がいましたね。
気象予報士になるにはまだまだですね。
ごろー。→jiseiさん
2021年06月16日 22:00
みんな違ってみんないい…、jiseiさんの常とう句ですね。

たしかにそうです。

かわいい子はだれが見てもかわいい。

得な人生ですよね。
ごろー。→gatten-shochiさん
2021年06月16日 22:05
>今回の「おかえりモネ」は、宮城県が舞台ですが出身地ではないということもあってか、どうもネツが入りません。

一緒かもしれません。
どうもたるい。
どうでも見なくても筋が追えそう。

大体、モネにとってストレスになる人物がいないからたるいんです。
おちょやんの時のトータス松本みたいなとんでもない人がいるとドラマは面白くなるんですけどね。
ごろー。→What's up?さん
2021年06月16日 22:10
まぁ、東大受験と一緒で、まだまだ先のことなんでしょう。
ドラマじゃそこまで勉強しなくても、最後は受かるからいいですよね。
絵本から始めた女の子が受かるには、とんでもない勉強がいるはずなんですが。

まぁ、受かればいいのか。
清原香耶ちゃんは演技派なんだから、もっと厳しい役柄のほうがよかったような気がします。
らん太郎。
2021年06月17日 00:45
帽子が飛んじゃう子ね

ごろー。さん、
永浦家のじいちゃん、シャイでいながら一本気でカッコいいですねぇ
でもね、あの藤竜也さんと同じ人物ってのがどうもピンと来ないのですよ

おらぁ、やっぱり強情パリのちーちゃんがいいな。
ごろー。→らん太郎。さん
2021年06月17日 09:25
そうそう麦わら帽子が飛んで行った子です。
かわいい。

なんでもかの黒沢監督が、「この子は末恐ろしい女優さんになる」と絶賛したとか。
やっぱり栴檀は双葉より芳しいのです。

藤竜也、これまで二回トライして二回とも失敗した人です。
jisei
2021年06月17日 16:35
 『みんな違ってみんないい』は同郷の詩人金子みすゞの詩の一節です。
ごろー。→jiseiさん
2021年06月17日 21:48
そうでしたね。
朗読で金子みすゞをやった時、読みました。

なんか、どこかで見たようなというのはありましたが。
失礼しました。