北村義浩先生

北村義浩.jpg



最近、この方のお姿をよく拝見する。

白鷗大学のおばちゃん先生より説得力がある。

ぼくは、この方がどんな方か知らないが、東大に行っていた友達をつい思い出してしまう。

何だろう、目つきとかしぐさかがそうさせるのであろう。


ところで、昨日は、朝起きた時、変な格好でよろけた体を支えたものだから、右手の部分断裂腱をひどく傷めてしまった。

「イテッ」と思ったら、もう右手が上がらなくなっていた。

湿布をしたりして、痛みをこらえた。

だけど、さすがに似顔絵は描けなかった。

今日も恐る恐るだが、ここまで描けたので喜んでいる。

年寄りは、本当にちょっとのことでもう動きが出来なくなる。

まぁ、ブログなどというものは毎日精を出して書くものでもないとは思うのだが。

描けるうちが花だと思う。


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

jisei
2021年02月08日 16:31
jiseiは1日の行動をすべてルーチン化して行動する癖がついていて愚ログもやらないと1日が終わらない感じです、予定外のことをやるとケガをしそうです。建設業に多少かかわっていたので予定外作業は厳禁です。
2021年02月08日 20:48
コロナの解説の先生はどんどん変わっていきますね。
多分視聴者が飽きるのでしょうね。 まあ、色々な事をいって
いますが、ワクチンとPCRの検査が誰でもとこでもできるように
して欲しいですね。
ごろー。→jiseiさん
2021年02月09日 13:21
さすがjiseiさん、ヒヤリハット活動の徹底、素晴らしいです。
実は、ぼく、その昔、建築協会から頼まれて、ヒヤリハット活動のマニュアル書を作ったことがありました。
その時も思ったのですが、ルーチンの作業に不規則なものを入れないって考え方は、広告業界とは正反対だなという感想です。
ぼくたちはいかにして、これまでのやり方を変えるか、考える起点を変えるかでした。
なんとなくそれで、jiseiさんとの行動や思考の違いを感じました。
すみません、いい加減人間で。(笑)
ごろー。→What's up?さん
2021年02月09日 13:28
おっしゃる通りだと思います。
台湾などのように、誰がどこで接触したか分かれば、いいのだし、韓国みたいにPCR検査がどこででも受けられれば、感染者はかなり減少させられるはずです。
日本は結局、国民の努力だよりでしかなかった。
日本人は、ホントよくやったんだと思います。

解説者の先生方も言うだけむなしい思いはずいぶんされたんじゃないでしょうか。
jisei
2021年02月09日 16:25
『ヒヤリハット』懐かしい言葉です、初めてこの言葉を聞いた時には冷たい帽子とは何のことじゃと思いました。それにKY:危険予知、後になって『空気読めない』のJK言葉と分かって笑いましたね。
ごろー。→jiseiさん
2021年02月09日 22:10
ぼくが作ったマニュアルがベースになって、ハンディータイプのものも発行されたようです。
ぼくがその仕事をやらなかったために、よそに盗られた制作会社の社長さんにずいぶん文句言われました。
何万冊という注文があったみたいですから。
KY、ぼくも「空気読めない」方です。