正代関、優勝おめでとうございます。

正代関.jpg


106年ぶりという快挙を見たかったのですが、結局は、実力者が勝ち残りました。

正代関、本名なんですね、しこ名。

おばあさんが、正代正代(しょうだいまさよ)さんらしいですね。

ま、そういう人もこの世にはたくさんいらっしゃるみたいですね。



今朝は、朝早くから岐阜の山奥、白川町下油井まで出かけて、撮影の立ち合いをやってきました。

そして、このあとは、学習塾の先生です。

よく働くでしょう?

へ、へ、今日だけです。


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

jisei
2020年09月28日 15:42
正代、翔猿どっちが勝ってもいいやでしたが、翔猿が勝って巴戦を期待したのですが。新大関が生まれるのはいいことです。白鵬、鶴竜はそろそろですかね。
ごろー。→jiseiさん
2020年09月29日 04:32
おっしゃる通りでしたね。

別に誰が優勝しても構わない気持ちでしたが、翔猿関が巴戦まで持ち込んだら面白いというか、劇的だなと無責任に思ったりしていました。

そうですね、モンゴルに頼りすぎてきました。

もう、そろそろ代替わりの時期に入ってきたのかもしれません。
らん太郎。
2020年10月04日 17:10
日本人で、大いに盛り上げてもらわなくっちゃねぇ
どんどん上を目指して頑張ってもらいたいですね。
ごろー。→らん太郎。さん
2020年10月04日 23:43
そうですね、もうそろそろ代替わりでしょう。

モンゴル横綱二人を力で引退に追い込んでもらいましょう。

正代でも朝乃山でもだれでもいいから、日本人横綱の誕生を祈ってます。