瀬戸内寂聴さん

瀬戸内寂聴.jpg


瀬戸内寂聴さんの言葉の中に、


いくつになってもおしゃれ心を失わないこと、好奇心を失わないこと、若い人と付き合うこと。
これが、若さを保つ秘訣です。



というのがある。

それはそうだなと思うことが多い。

学習塾のアルバイトをするようになって、ぼくも少し身の回りのことに気を遣うようになっている。

生徒さんは、多くが思春期の年頃である。

あまり年寄り然として汚くしているのは、気が引ける。

お仲間の先生方も女子大生が圧倒的に多い。

言葉を交わすことはほとんどないが、全くないわけでもない。

そういう時、お気に入りのバーバリーのジャケットを着こなしていると、こっちもシャンとしていられる。

昨日、理髪屋さんで髪を短くしてきたが、眉も鼻毛も切ってもらってパリッとしている。

社会経験はこっちの方が圧倒的に豊富なのだから誰に何を言われても堂々としていればいい。

家内もそういう「今の自分」を気に入ってくれている。

夫婦円満の秘訣も意外にそういう些細なところにある、そんな気がしないでもない。

年金生活になって注意しなくてはいけないのは、お金より心の経済状態ではないだろうか?

魂が梅干しのようにカチンコチンになっているのは、みっともない。

躰はあちこちおかしくなっているが、気持ちさえ豊かだと自然に笑顔でいられるそんな気もする。






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年09月17日 18:17
新聞に毎週、エッセーを書いておられますが、やはり作家で心の描写やユーモアは面白いですね。秘書にやり込められる話が時々でますが、気持ちが若いですね。 私は若い人と話す機会は中々無いですが、気持ちだけは若くと思っています。
ごろー。→What's up?さん
2020年09月17日 18:54
What's up?さんは、英語をなさるから気持ちはお若いと思います。
結局、気持ちの若さは外国の人と日本語ではない言語でコミュニケーションを取るドキドキ感に通じていると思います。
若い人との会話は、時に異国人のような言葉で一生懸命聞かないと理解できないことがありますから。

ぼくは、演劇だとか野球だとかで若い方たちとの接触が多いのは、本当にありがたいことだと思っています。
学習塾じゃないと中学生とか孫みたいな年代の人とは触れ合うことは皆無ですからね。
jisei
2020年09月17日 20:08
まるで我が身を悟られているようなお言葉です、ありがとうございます。
ごろー。→jiseiさん
2020年09月17日 23:18
いやいや、あのぅ、これ寂聴さんのお言葉です。
わが身を悟らされているようで、とか言われても。

ぼくは、そう思うだけで。
jiseiさんともあろう方に、何か悟らせるようなことは一つもございません。
めっそうもないことです。

南無まいだー、南無まいだー!!!畏れ多いことです。