李登輝総統

ぼくは、この方が好きでした。 尊敬もしております。 なぜと問われると、確かなことは言えません。 でも、覇権主義、領土主義の習近平さんより人間的にもうんと上の方だと思うからです。 この方も京都大学から学徒動員で召集されたんだそうですね。 日本人より日本人だったという評が載っていました。 …
コメント:4

続きを読むread more

麻生 久美子さん

今日は、コロナでお休みしていた「朗読」に行く。 「ごろーの会」と言って、毎年、発表会も開催してもう6年ほどになる。 だけど、今年はそれも断念せざるを得ないだろうと思っている。 そんなに広い会場が借りられないし、来てくださる方も高齢者ばかりだからである。 だけど、お稽古は続けている。 昨年…
コメント:4

続きを読むread more

倉科カナさん

将来有望な若手女優。 倉科カナさん。 「刑事7人」でしたか、出演されています。 この方も、見る角度でずいぶん印象が違います。 忘れましたが、インスタかなんかでこの方の写真が話題になっていましたが、およそ違う人に見えたりしました。 でも、綺麗な方だと思います。 ぜひ、注目してみていた…
コメント:4

続きを読むread more

山本寛斎さん、逝去。

時代がこうして着実に変わりゆくのを感じます。 山本寛斎さん、逝去。 この方も戦後の日本に勇気を与えてくれたお一人です。 日本人の育んできた感性はファッションの世界でも十分通用すると証明してくれました。 いろいろ大変なことも多かったのでしょうけど、充分人生を楽しまれたんじゃないでしょうか。 ご冥福…
コメント:4

続きを読むread more

J.y.park

「NijiU(にじゅう)」って、女の子9人のグループ、ご存知ですか? スッキリを見ていたら、選抜オーディションを韓国に合宿してやっていました。 女の子たちの名前は日本人みたいな名前だけど、このJ.y.parkさんが肝心なところは韓国語でいろいろ評価するのです。 それをわかるらしく、頷きながら聞いているので、…
コメント:2

続きを読むread more

伊佐山営業部長~市川猿之助~

猿之助さん、似ないので困ったのですが、描き直しました。 前回掲載のより良くなった気がします。 今朝は、とても涼しく、小雨も降っていましたのでぐっすり眠れました。 ちょっと力余しているので、こんなことしてます。 これだったら、猿之助さんでしょう? …
コメント:2

続きを読むread more

Exit(イグジット)

漫才コンビ「Exit」。 最近、バラエティー番組によく出ています。 「Exit」って、「出口」ですよね? 漫才コンビにどうしてこんな名をつけたのでしょう、よくわかりません。 ごつい顔した方が「りんたろう」。 ほそおもての方が「兼近」。 でも、テレビを見ていると、りんたろうの方が「繊細」な性…
コメント:2

続きを読むread more

阿炎(あび)政虎

コロナで神経ピリピリしているときに、支援者と会食に行ったという科で、強制休場で不戦敗にさせられました。 これに対し、いろんな意見が出て騒ぎになっているようです。 「そりゃあ、当然でしょ」から「ちょっとやり過ぎじゃないの」まで。 ぼくは、懲罰不戦敗は、仕方ないかなと思っています。 勝武士さんがコロナで亡…
コメント:4

続きを読むread more

市川猿之助

半沢に敵対する「伊佐山営業部長」。 今日のネットのニュースに、台詞を香川照之に吹き込んでもらって、演技指導も受けていたという。 ま、いとこ同士だから、それくらいのことはするでしょう。 道理で、前回の二人が示し合わせたように顔芸で歌舞いていたのが納得できました。 「半沢直樹」は、歌舞伎調ドラマだったんで…
コメント:6

続きを読むread more

道重さゆみちゃん

元モーニング娘だった女の子。 道重さゆみちゃん。 と言っても、もうなんだかだで三十路も近いんじゃないかと思われますが。 モー娘。 「日本の未来は ウォウ ウォウ…」という歌からすでに、十年は経ちます。 この子、真野恵里菜さんによく似てます。 優しい目元がそっくりなんでしょう。 で、こ…
コメント:4

続きを読むread more

石橋貴明さん/「FACTFULNESS」の紹介

なんでもこの方がYouTuberデビューして、好調な出だしらしい。 ぼくは、「とんねるず」そのものが昔から嫌いだったから見ようとも思わないのだが。 (だったら、似顔絵も描くな、と叱られそう…!!!) マスメディアの地殻変動で、芸能人のYouTube進出が止まらない。 中には、これで億を稼ぎ出す人もいる…
コメント:4

続きを読むread more

神田伯山さん

江戸時代から明治にかけては、噺家さんより講釈師が圧倒的に多かったという。 実は、ぼくが習いに行っていたお寺のそろばんの先生が講釈師になりたかったという方で、小学生の頃、勉強終わりに一話づつ聞かせてもらっていた。 ぼくは算盤よりこっちが聞きたくて、欠かさず通っていた。 熱心に通った割りに3級どまりなのはそのせ…
コメント:6

続きを読むread more

今田美桜(いまだみお)ちゃん

「半沢直樹」の中で、東京セントラル証券の女子社員を演じていた。 部長半沢の指示をテキパキとこなしていた。 大勢の社員が並ぶシーンでもひときわ目立って、可愛かった。 正直に言うと、顔はどこかで見た感じがしていたが、名前を知らなかった。 調べて、今田美桜ちゃんという名前であることを知った。 そして、…
コメント:4

続きを読むread more

三浦春馬さん

「直虎」の時に描いた気がします。 掲載したかどうかは定かじゃありませんけど。 自殺されたんだそうですね。 驚きました。 何が彼の心の中に棲みつき、絶望の淵に追い込んだのか知りませんが、もったいない。 でも、死んじゃもう惜しみようもありません。 閻魔様に叱られて、せいぜい寛大なお裁きでと願う…
コメント:6

続きを読むread more

香川照之さん

この方の顔芸、絶品です。 猿之助さんも昨日の「半沢」では、なかなかの悪役ぶりを顔芸で見せてくれてました。 それにしても、「悪い顔」ってあるもんですね。 でも、こんなわかりやすく悪い人って、世の中にそうはいません。 香川照之さんが、得難い役者なのは顔の筋肉や目の運びだけで「何考えているか」わかるとこ…
コメント:6

続きを読むread more

上戸彩さん

「半沢直樹」で、堺雅人さんの奥様役。 さり気ない演技で、いい奥さんに思わせてくれます。 実生活でもいい奥様のようですから、それがにじむのでしょうか。 半沢にはもったいないくらいの「花さん」です。 でも、「半沢」がリタイアして、家でゴロゴロしだすと、立場が逆転して鬼婆に変身するのでしょうかね? …
コメント:6

続きを読むread more

「半沢直樹」~堺雅人~

ドラマ「半沢直樹」、見てますか? 明日、やるようですからよかったらご覧ください。 って、まるで、番宣ですが、そんな気はまるでありません。 というのは、「100倍返しだ」というセリフ。 あれ、ぼくは大嫌いです。 現役時代、そういう呪詛の言葉を心に抱いた場面は数え切れません。 同じように、部下…
コメント:6

続きを読むread more

西村 康稔(にしむら やすとし)経済再生担当大臣

「Go to キャンペーン」、東京だけ除外。 そりゃあ、嫌がらせでしょう。 都知事が国のやろうとしていることにいちいち口をはさむ、なに様のつもりだ。 暖房と冷房、それを決めるのは国の方でどっちというのなら懲らしめてやればいい。 ま、そんなところでしょう。 で、この人。 この方灘高から東…
コメント:8

続きを読むread more

柏木由紀ちゃん

柏木由紀さん。 元AKB。 いまは女優さん。 「西郷どん」にも妹役で出ていました。 この子、鹿児島出身なんですね。 鹿児島弁って、地元の方の鹿児島弁じゃないと似て非なるものになりますからね。 実は、ぼくの父が鹿児島出身でした。 おばあちゃんもぼくが高校のころまで同居していまして、鹿児…
コメント:8

続きを読むread more

佐藤栞里

佐藤栞里(しおり)さん。 とっても特徴のある可愛い顔立ちの子です。 離島を紹介する番組に出ていましたが、性格もとてもいい子そうでした。 シンプルな頑張らない線で描けないか、やってみました。 ま、こんなところぐらいしか描けません。 似ないと何とか似せようと線が増える。 そうすると似て来ても、…
コメント:4

続きを読むread more

金与正(キムヨジョン)

この方も普通の家に生まれて、普通の生き方をすれば、普通の幸せを十分味わえたはずです。 そんなに性格も悪そうに思えません。 でも、なまじ、金正恩の妹に生まれついたがゆえに、権力の側にあり、こうなったのでしょう。 人間、偉くなるから他人を睥睨するのではありません。 驕りと恐怖で心が卑しくなるからこうい…
コメント:6

続きを読むread more

武田修宏(のぶひろ)

jiseiさんが、勘違いされた方はこちら。 この方こそ、元ベルディーのサッカー選手だった方です。 北沢豪選手などと日本代表選手として「ドーハ」などで戦った一人だと思います。 その後は、コメンテイターとして、バラエティー番組にもよく出演されてます。 結婚もせず、伊達男ぶりを発揮していらっしゃるみたい…
コメント:8

続きを読むread more

失礼発言~武田真治

神田伯山が、武田真治について、おかまっぽくなったとかの失礼発言を繰り返したとか。 で、謝罪を求めたとかというネットのニュースを見た。 こういう芸能ネタって、ネットじゃなければ絶対に知らないままのことだと思う。 でも、実は僕も同じことを思っていた。 武田真治は、その肉体美をやたら見せたがるが、なぜか見た…
コメント:4

続きを読むread more

女帝「小池百合子」

1日で最多の243名? 東京、やばくね? でも、新しい日常はもう始まってると、感染拡大の温床「夜の街」だけがいけないらしい。 この小池百合子という人、結構な食わせ物かもしれない。 だんだん、そんな気になってきた。 今回の、東京都知事選挙。 コロナ禍の中でよくもまぁ、選挙なんてやってるな…
コメント:10

続きを読むread more

井上康生監督

武道家って、こういう感じだと思う。 世界の中でいかにして、本家日本の柔道界を発展させるのか、難しい課題も多かろう。 いろんな意見を束ねて、日本柔道を強くしなければならない。 頑張っていただきたい方である。
コメント:4

続きを読むread more

鈴木ちなみさん

jiseiさんからのリクエストにお応えします。 鈴木ちなみさん。 以前にも確か一度掲載した覚えがあるのですが、いかがでしょうか? お気に召していただけましたでしょうか? 中部地区では毎日のように出ておられましたが、そう言えば、結婚されてから見ないですね。 百恵ちゃんと一緒で、家庭に入ってしまわれ…
コメント:4

続きを読むread more

「恋つづ」上白石萌音さん

「逃げ恥」と今や双璧をなす「恋つづ」。 こちらは、佐藤健と上白石萌音さんのラブストーリーだ。 病院の先生と看護師さんの組み合わせになっている。 若い女性にある玉の輿願望をくすぐる設定なのだろうか? ぼくは、見ていないので、コメントできる立場にないが。 正式のタイトルは、「恋は続くよどこまでも」だ…
コメント:6

続きを読むread more

田中将大のたんこぶ

時速180キロの打球を頭部に受けて、検査の結果、異状なしだとか。 痛かったでしょうね。 ぼくも昔、グランドでキャッチボールをしているとき、ノックの当たり損ねを頭部に受けました。 硬球だったので本当に痛かったです。 ふわっと浮かんだ球でも大きなたんこぶが出来ましたから、田中投手はどんな石頭かと思います。…
コメント:2

続きを読むread more

「逃げ恥」のガッキー

テレビドラマのタイトルを短く省略するようになったのはいつくらいからだっただろう。 ぼくの記憶では、「ロンバケ=ロングバケーション」だったような気がする。 その頃、「翼をください」という内田有紀のドラマがあった。 ぼくが、「つばくだ」と言ったら、娘からそんなこと誰も言わないと怒られた。 ぼく的には、とて…
コメント:10

続きを読むread more

昭和の将棋名棋士列伝(5)~内藤国男九段~

将棋が強くなりたいなら、詰め将棋をやりなさい、とは昔から言われています。 ぼくは、もっぱら、この方の詰将棋をやりました。 実は、この方の詰将棋は難しい。 解けないからすぐ解答を見てしまう。 結局、強くなれませんでした。 「将棋世界」なんかにも、「次の一手」とかの懸賞問題が載っていますが、めち…
コメント:4

続きを読むread more

昭和の将棋名棋士列伝(番外編)~林葉直子~

はい、中原誠といえば、この方を思い出す人も多いかと思います。 何度もネタバレしてくれたjiseiさんだけじゃないはずです。 林葉直子さん。 ま、この方も女流のタイトルを持っていたくらい、将棋も強かった。 だけど、中原誠との不倫騒動で、結局、心身ともにボロボロになったのでしょう、変な辞め方をして将棋界を…
コメント:6

続きを読むread more

昭和の将棋名棋士列伝(4)~中原誠~

大山、米長、とくれば、やっぱりこの方は外せません。 中原誠さん。 将棋界の輝く太陽と呼ばれた方です。 升田さん、大山さんなどは、戦争中兵役に就いた世代です。 中原さんは、戦争を知らない子供たち世代。 将棋にも何か新しさが感じられました。 米長さんは、若干升田世代の気分を引き継いでいて、力で…
コメント:2

続きを読むread more

昭和の将棋名棋士列伝(3)~米長邦雄~

ぼくは、この方の将棋も好きでした。 ちょうど、この方がA級順位戦で降級が決まって、フリークラスに転出されたとき、その様子を描いたドキュメンタリー番組が放映されました。 もちろん、リアルタイムで見たのですが、先日、YouTubeにそれが上がってました。 懐かしくってついつい見てしまいました。 お亡くなり…
コメント:2

続きを読むread more

昭和の将棋名棋士列伝(2)~大山康晴~

昭和将棋史の金字塔といえば、やはりこの方、大山康晴名人でしょう。 獲得したタイトルは数限りなく、さらに亡くなるまでA級在位だったといいますから、とんでもない人です。 倉島竹次郎著「近代将棋の名匠たち」という本があります。 ぼくは、この本を最初借りて読んだのですが、夕方から読み始め、一気に一晩掛けて読み終えま…
コメント:10

続きを読むread more