昭和の将棋名棋士列伝(3)~米長邦雄~

米長邦雄.jpg


ぼくは、この方の将棋も好きでした。

ちょうど、この方がA級順位戦で降級が決まって、フリークラスに転出されたとき、その様子を描いたドキュメンタリー番組が放映されました。

もちろん、リアルタイムで見たのですが、先日、YouTubeにそれが上がってました。

懐かしくってついつい見てしまいました。

お亡くなりになって、もう何年か経ちます。

ホント、歳月はあっという間に去って行きます。




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

jisei
2020年07月02日 19:26
米長邦雄、将棋については知りませんが、石原慎太郎に載せれれてよせばいいのに東京都の教育委員になったので記憶にあります。
ごろー。→jiseiさん
2020年07月02日 21:40
さすが、時事評論家jiseiさんは。そんなことで記憶なさっているんですね。
ぼくは全然知りませんでした。

でも、経営顧問をやっていたころ、どこかの経営者の方が米長さんの経営指南の講演を聞きに行かれたそうですが、いいこと言ってらっしゃたみたいですよ。
全部、将棋の形勢判断のやり方だったらしいですが、人間の思考ルートというのは将棋も経営も一緒だと思ったとすごく感心されていました。

ま、「男の価値はその男の本職で決まる」といっていた米長さんですから、教育委員は余興のうちだったと思います。