沢尻エリカ

この人も困った人ですよね。 第一、もったいない。 これだけの美貌に恵まれたのだから、もうそれだけでも羨ましい存在なのに、生き方が雑過ぎます。 そりゃあ人間だから頭にくることもあるでしょう。 でも、人前であんな不愉快な顔は見せちゃいけない。 まして、薬物に手を出して、人生をめちゃめちゃにしちゃいけ…
コメント:8

続きを読むread more

森田健作千葉県知事

なんですか、この人。 まぁ、県知事という要職を務められる人ではないですよね。 千葉県人もこの人のいうことを聞けるのでしょうか? ぼくは、今年の夏、台風15号から19号と千葉県ばっかり狙われた気がして、気の毒でならなかったのですが、どうも神さまはわざとそうしたのかもしれません。 天網恢恢疎にして漏らさず。 普段の行い…
コメント:6

続きを読むread more

太宰久雄~タコ社長~

「みんな、中小企業の経営の大変さがわかってないから、そんなこと言えるんだよ」 タコ社長の叫びには、妙な説得力がありました。 ぼくも何度、心の中で「そうだ、そうだ」と思ったかしれません。 ぼくの近所に、「寅さん」を自称している方がいらっしゃいます。 そして、よくいろんなところで小芝居をやっていらっしゃいます。 ぼ…
コメント:2

続きを読むread more

寺男源公~佐藤蛾次郎~

この方は寅さんシリーズの中では、スパイスみたいな役目でしたが、風貌・役柄ともに印象的でした。 いらないといえばいらない役回りだけど、いるから寅さんが引き立つみたいな役回りでした。 ぼくも、脇役で終わった一生ということでは一緒だったのかもしれません。 誰を引き立ててたのかはよく分かりませんが。(笑) …
コメント:4

続きを読むread more

おばちゃん~三崎千恵子さん~

「寅ちゃん、悪いねぇ。今日はおかずがなくってさ」 「いいよ、いいよ。オレはおばちゃんの作ってくれた煮っころがしとみそ汁があれば、それで十分だよ」 この会話を聞くたびに、家内が怒ります。 なんか、即席ラーメンでも作る簡単さで言うけど、自分で作ってみろ!、大変だから…!!!と。 それはそうかもしれないけど、そうまで怒…
コメント:4

続きを読むread more

おいちゃん~下條正巳さん~

おいちゃんと言えば、やっぱりこの方が一番でしょう。 第1作から第8作までが、森川信さん。 第9作から第13作までが、松村達雄さん。 そして、第14作から第49作までが、下條正巳さん。 8、5、36と数の上でも圧倒しています。 息子の下條アトムさんとは、一度仕事でお会いしました。 子どものための朗読劇みたいなものを…
コメント:0

続きを読むread more

吉岡秀隆~みつお~

この人を見ると、どちらかというと「北の国から」を思い浮かべる方も多いかと思います。 あれも実にいいドラマでした。 田中邦衛、いしだあゆみ、中島朋子…、みんなどこか悲しげな顔が似合う俳優さんたちでした。 上の娘が、彼とほぼ一緒くらいの年齢なのですが、寅さんの映画を見て、この子も一生俳優さんしかできないねと言っていました。…
コメント:6

続きを読むread more

前田吟さん~ひろし~

寅次郎の妹さくらに惚れる印刷工・諏訪博役として出演。 以降、渥美清に「兄さん、それはちょっと違うと思うんです」と冷静にいさめる役どころでした。 さくらの夫として、頑張っている感じがいいイメージにつながっていたと思います。 それが証拠に、この方が一度、菅原文太さんのやくざ映画に出ていましたが、やっぱり「ひろし」にしか…
コメント:2

続きを読むread more

倍賞千恵子さん~さくら~

寅さんが来れば、やっぱりこの方でしょう。 倍賞千恵子さん、妹役のさくらさん。 映画でも、お兄ちゃんのわがままを全部受け入れて、ほんと立派な妹役でした。 で、似顔絵。 苦労しました。 目鼻がパラパラ離れているので、似ないこと、似ないこと。 ようやく、4枚目で何となく似てくれましたので、掲載します。 デフォ…
コメント:8

続きを読むread more

周東佑京~日豪戦~

見ました? 侍ジャパンの日豪戦。 この人の「足」だけで勝ちました。 そう言っても決して過言ではないゲーム展開でした。 いやー、ソフトバンクが強いわけです。 この人も育成上がりだとか。 千賀に甲斐、そして周東。 みんなその一つの群を抜いた才能を開花させているということです。 そりゃね、同じ育成ならソフトバンクで…
コメント:4

続きを読むread more

寅さん~渥美清~

昨日用に用意していた似顔絵。 「寅さん」。 「寅さん」と言って名前の出てこぬ人はいないだろうというくらいの稀代の名コメディアン、渥美清さん。 この人も、ある意味での国民の象徴でした。 ほとんどの国民を庶民と呼ぶなら、その庶民の象徴的存在が「寅さん」と取り巻きの皆さんでした。 そして、時代を画した女優さんたちが全…
コメント:4

続きを読むread more

疲れでばったり12時間

ここのところ妙に忙しかった。 そこに、横浜からアメリカから帰ってきた下の娘が孫を連れてやってきた。 途中、一回帰国してきたので、一年半ほどぶりであるが、久々の面会である。 多治見駅までお迎えに行った。 5歳の孫は大喜びで抱きついてくれた。 3日ほど泊まっていったのだが、その間、僕は、朗読や塾講師などいつもの仕事をこ…
コメント:4

続きを読むread more

山田洋次監督

山田洋次監督、「寅さんシリーズ」。 もはや国民的な映画でした。 でも、歳月の流れには勝てず、主役の渥美清さんが亡くなっては、ついに窮した感があります。 昭和から平成まで、各地の風景をフィルムに刻んでこられました。 きっと、何十年も経ってから孫たちがこの映画を見て、じいちゃんの目にうつった光景をなぞってくれるはずです。 …
コメント:6

続きを読むread more

秋祭り~社会福祉協議会活動パネル~

今週、3日の日曜日、地区の秋祭りが行われました。 年々歳々、規模が小さくなっていってますが、ここの団地も高齢化率が約60%となり、若い人が少なくなっている現状から仕方ありません。 で、T市議の選挙活動をお手伝いしてからすっかり取り込まれて、いろんなことを手伝うようになりました。 今回は、社会福祉協議会の活動パネルの制作…
コメント:2

続きを読むread more

石丸幹二さん~御前様~

「少年寅次郎」、最後は、御前様。 この人が、寅にお説教するところなど見ていると、ほんとこんな感じだっただろうなと思わせてくれます。 歌だけじゃなくって、演技もお上手。 さすがの存在感があります。 おいちゃん、おばちゃんの似顔絵がいまいちだったので、御前様描くときは心配しました。 くびき野さんのコメにも出てきましたの…
コメント:2

続きを読むread more

泉澤祐希さん~車竜造~

ついでに、おいちゃん役。 泉澤祐希君。 「ひよっこ」の時、米屋さんに就職して、そこの娘さんと結ばれる役でした。 この人も若いのに、演技は実に自然で上手ですよね。 将来有望株の一人だと思います。 ただ、この人だけはどうしても、おいちゃんが出てきません。 なんか違うと思って見てしまいます。 …
コメント:0

続きを読むread more

岸井ゆきのさん~車つね~

おばちゃん役の岸井ゆきのさん。 若いころは、こんな感じだったんでしょうね、きっと。 この「少年寅次郎」の出演者は、みんなそれぞれ自分の味を出しながら、言われてみればと思わせるところがすごいと思います。 「寅さん」は、国民的な映画ですから、ちょっと何か違うものを感じると、すぐ似てないとか言われそうですものね。 そこ…
コメント:0

続きを読むread more