黒澤明監督

黒澤監督.jpg


まぁ、この方の活躍で、日本映画界は世界に認められましたよね。

「七人の侍」「天国と地獄」「影武者」「乱」「羅生門」「生きる」「椿三十郎」などなど、枚挙にいとまがありません。

ぼくもまぁ、見てないやつはないくらい、ほぼ全部見ました。

黒澤さんもいい時代にメガホンを握っていたと思います。

いい人生を送ったと思います。

あれだけこだわって作品作りできたのですからもって瞑すべしでしょう。

もっとも、後半生の「八月の狂詩曲」や「まあだだよ」とか「夢」とかは、いまいちに思っています。

金かけられなくなると、やっぱり駄目だったんですかねぇ。





似ずに没にしようと思ったのも入れておきます。


黒澤明.jpg


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

jisei
2019年11月02日 17:37
なんたって世界の黒沢でしたね。三船敏郎とセットでした。私も黒沢作品はほとんど観たと思います。
ごろー。→jiseiさん
2019年11月02日 23:38
黒澤作品が世界を巻き込んでいたころが、映画全盛期でしたものね。

「七人の侍」をまねして、「七人のガンマン」ができたとか言ってませんでした?

あの頃は、ハリウッド何するものぞと思っていました。

でも、映画館がバタバタなくなっていったのと日本映画界が衰退していったのは一緒でした。
文化の力もあの頃からなくなっていったように思います。
ゆらり人
2019年11月03日 10:17
黒沢さんの全盛期のお顔でしょうね。
ごろー。→ゆらり人さん
2019年11月03日 11:46
え、まぁ、そうですね。

この濃いサングラスは、似顔絵ではなるべく描きたくないものです。

サングラスで似顔になってしまいますから。

黒澤監督も眼鏡なしを描き始めたのですが、この方の目も難しい。

優しい目なんですが、どこかキリッとしている。

そんなの描けません。
らん太郎。
2019年11月03日 19:30
絵が動きそう

うなずいたり
口元が震えたり

上手い!
ごろー。→らん太郎。さん
2019年11月03日 23:54
ほめていただいてありがとうございます。

動きそうだなんて。

ほめ過ぎ。

でも、嬉しいです。