仲代達也「人間の条件」




日本映画史にのこる戦争映画の中での不朽の名作「人間の条件」。


ぼくも青春時代、池袋の名画座で見た覚えがあります。

6作か、あるんですよ、確か。

徹夜して、ずっと見たんですが、悲惨極まりない映画で、きっと見たくなかったのでしょう。

寝たんですね。

見たはずなのにほとんど記憶に残っておりません。

新珠美千代さんの話題の中やらで、若い頃の仲代達也が出たんで描いてみました。

仲代達也さんはなんだか描きにくい。

特徴がありすぎるからかえって、似ないのです。

逆に言うと、この方を克服すればと思うので、やたら描いてみています。

描けた気にならないお一人です。

と言っても、葵わかな、蒼井優、綾瀬はるか…、描けた気にならない方多い。

やっぱ、実力の問題か。



仲代 人間.jpg


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

jisei
2019年09月02日 12:04
『人間の条件』、原作 五味川純平 三一書房 三一とは韓国の抗日の始まりが3月1日であったことから取っている。
 ちょっと左翼系の出版社でした。全6巻。
ごろー。→jiseiさん
2019年09月02日 14:58
>『人間の条件』、原作 五味川純平 三一書房 三一とは韓国の抗日の始まりが3月1日であったことから取っている。ちょっと左翼系の出版社でした。全6巻。

よくご存じですね。
勉強されてこられたことがこういうところでわかります。

やっぱり全6巻ですか、ということは映画も各巻一本で撮ったんですね。
やたら長かった印象しか残っていないという情けないことで。