加藤の乱

宮迫、亮会見から始まった吉本騒ぎ。

どうもあらぬ方向へ火が飛び出したようだ。

たまたま見ていた「スッキリ」でこの方が、ジャンヌダルクの役を演じておられた。

だけど、ぼくは結構冷めてみていた。

青年将校の義憤は意外に届かない。

そう思っていたからだ。

宮迫、亮両氏はあの会見で見事に論点をすり替えた。

「悪いことしたと思っています。だから、謝ろうとしたのに、させてくれなかったんです」と。

これは、パワハラじゃないか、と今度は当の社長が公の場に引きづり出された。

ぼくは、予告のビデオメッセージを見て、会見は見る価値ないなと思った。

カンペを見ながら、いかにも心にない言葉を発している。

もうその時点でアウトだった。

だけど、あれから、どんどん宮迫氏などの擁護論が出てきているのはどうしてだろう。

反社会的勢力というより詐欺集団から直接お金をもらったことはいささかも変わらない。

宮迫氏らもこういう成り行きになったからと吉本に戻ることは多分ない。

これだけの騒ぎを起こして、それをやったらいかにもみっともない。

若手のチャンスを奪わないでとかカッコつけておいて、それはない。

みっともないことになるのならカッコなどつけてはいけないだろう。

ぼくはそう願っている。



加藤浩次.jpg















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

jisei
2019年07月27日 15:07
この問題で、吉本が芸人と契約書を交わしていないことがばれて、ことが公取の知るところとなり、思わぬ方向に発展しました。プロ野球はともかく、相撲だって契約書を交わしていないのではと思っています。
ごろー。→jiseiさん
2019年07月27日 21:38
お相撲さんは、どうなんでしょうね?

おっしゃるように、どちらかというと昔体質で契約書とか固いこと言わずに…のように思いますが、ただ、芸人と違って、各部屋で管理されていますから、案外チャンと目が行き届いてるんじゃないでしょうか?

ま、どっちにしろ、ぼくが現役の頃もイベントで契約書などはいちいち結んでなかったと思います。
芸能界のしきたりとして、あえてそうやっていたように思います。