八村塁選手

まさか、そんなことは…、ということは起こりますね。

八村塁選手。

そのまさかを生み出した張本人です。

日本人で初のNBAのドラフト一位選手が生まれたんですね。

ぼくが若い頃は、バスケットボールはよほど背の高い人しかやらないスポーツでした。

背の低い日本人には不向きのスポーツでもありました。

だから、まさか、そんなことは…とずっと思い続けてきました。

頑張って、イチローみたいに尊敬される一流選手になってほしいと思います。



画像























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年06月22日 16:42
八村塁選手やりましたね、渡辺某選手と並んでNBAに日本人が2人です。何年か前に田伏勇太選手がいましたが背が低くてあまり活躍できませんでしたね。 八村塁、ハニーブラウン・ハキーム、ケンブリッジ飛鳥、やはり外の血が入ると強いです。
2019年06月22日 23:05
>ハニーブラウン・ハキーム

サニブラウン・ハキーム選手ですね。
なんかハニーブラウン選手だと色仕掛けにかけられそうな名前になりますよね。(笑)

いえ、いえ、確かに、確かに。
外の血が入らないと身体的な欠点はカバーできないですね。
こうして、いろんな血が混じり合って、すごい日本人が増えることはいいことですよね、きっと。

この記事へのトラックバック