安達祐実さん

いま、100分で名著で「アルプスの少女ハイジ」をやっている。

ぼくも、アニメでしか知らなかったが、原作がこんなにも深い話だったのかとあらためて感動している。

「クララが立った!」がクライマックスシーンかと思いきや違っていた。

もう、それだけで、目からうろこの100分間だ。

で、この中で、安達祐実さんが朗読をしている。

これが、また、絶品である。

抑制がよく効いて、聞きやすい。

ぼくは、こういう朗読をぼくの生徒さんたちに薦めている。

台詞は、きちんとその人を感じさせる。

安達祐実ちゃんの朗読を聞いていると、それがはっきりわかる。

素晴らしい朗読である。

これを聞くだけでも価値あると思う。

次で最終回になると思うので、ぜひご覧いただきたい。

再放送もあるからお調べください。

ということで、本日、安達祐実ちゃん。



画像





















この記事へのコメント

2019年06月19日 11:12
ドラマ「家なき子」での演技には
驚かされていました。
子役は大成しない的なことを
いわれたりもする中で
安達さんは私の当初の印象を
よい意味で覆して下さっています。
安達さんが成し遂げる加齢の変化に
注目させていただきたいと
思っています。

p.s.
おからだの具合は大丈夫ですか。
2019年06月19日 14:16
>おからだの具合は大丈夫ですか。

ありがとうございます。
先週、ちょっと頑張って働いたの疲れが出たみたいです。
ダメですねぇ、これくらいのことで、情けない。

「家なき子」、印象的でしたね。
「同情するなら、金をくれ」とぼくもずいぶん言いましたが、誰もくれませんでした。

>安達さんが成し遂げる加齢の変化

「金くれるのなら、若さをくれ」!
みんな、そう思って老いて行くんですよね。

さて、老境に入って、どんな役者さんになるか楽しみです。
2019年06月19日 16:58
安達祐実さん、わたしゃも少し背が欲しいですかね、結婚して離婚して人生選びが安易すぎる。その朗読劇知りませんでした。
2019年06月19日 17:48
ぼくは、背の小さい女性は決して嫌いではありません。
むしろ、あまりスラリと178㎝とか言う方が受け付けませんかね。
いや、いや、結婚も離婚も安易に選択しての結果ではないと思いますが。
若い時は、勢いでそうすることありますからね。
jiseiさんは、安達祐実ちゃんにはきついですね。(笑)

この記事へのトラックバック