「老い」を感じる

昨日、家内とアーラで開かれているOさんの水彩画展を見に行った。

その時、紙芝居の担当であるIさんとお会いした。

実は、先日、「紙芝居一座」を中座休止する旨を申し出た。

理由としては、喘息による息苦しさとお伝えした。

ま、それは、身体的な理由のひとつであるが、実は決定的な理由ではない。

Iさんからも「落語の方は頑張るんでしょ?」みたいなことを言われた。

多分、紙芝居一座のほとんどの人がそう思っているに違いない。

「落語」はできて、「紙芝居」はできないってか?

多分そういう非難の言葉が隠れているのだろうが、そういう言い方に、事実上の退会を詰る気持ちが滲んでいる。

そういう非難に対しては、黙して語らずだ。

心の中では、きっとあなた方もある年齢になればきっとそういうところに直面する、そう思っている。

実は、最近、いろんな場面でどんどん前出来たことができなくなっている。

例えば、お芝居の稽古に行くことがどんどんつらくなってきている。

さしたる理由はない。

理由を求めるとすれば、「老い」ということでしかない。

でも、台詞覚えが悪くなったとかそういう表面上の理由よりはるかに大きな要素である。

「興味」より「辛さ」が勝ち始めるところに「老い」がある。

昔は喜んでやっていたことが、ただただ辛くなる。

「紙芝居」に関しては、そういうことが度々襲ってきた。

兵五郎役のBさんが退会された時、大きな喪失感があった。

あの時、ぼくも退会すべきであった、そう今は思っている。

いわゆる、気持ちが切れた感があった。

誰かが、先日も「老いとは、前で来たことがどんどんできなくなっていく自分を見つめること」とおっしゃっていた。

近い将来、ぼくも歩くことさえままならなくなるだろう。

98まで生きた母が電話口で、「生きてるだけでもえらいでしょ?」と言っていたが、きっとそうなるはずである。

若い人は、当然のように、「イヤイヤ…、まだまだ老け込む年齢じゃありませんよ」と言うだろう。

ぼくもこれまでそう言って、励まして(?)きた。

だが、同年の友人がぽっくり逝ったりすると、いつまでも元気であり続けるほうが奇跡だということに思い当たった。

そういう意味で、ぼくはしっかり「老い」を感じとって行こうと思い始めている。

出来なくなっていくものは、あきらめるしかない。

芝居と落語。

頑張ってものを言うと出る咳で、ごまかせるのは「落語」のほう、それだけの理由で落語を残した。

「落語」は稽古しないでも恥をかくのは自分一人で済む。

「芝居」の方は、稽古を含めて、自分勝手の許される領域は狭い。

一緒にやる仲間に迷惑はかけられない、そういう理由だ。

お芝居をやってる人は、概ね、若い。

演出のT先生にも言ったことがあるが、腰を曲げて台詞を言うだけのことができないのだ。

不思議そうな顔をされたが、70になった時、自分もできるか思い起こしてほしい。

腰を曲げるだけでも、大ごとなのである。

2011年、63歳からお芝居を楽しむことで、ぼくの老後は素晴らしい彩りと輝きを持った。

誠にありがたいことであった。

「紙芝居」、またやりたくなるようなことはないと思うが、そういう気分になったら、それはそれで嬉しいことである。

「桃太郎の大鬼」、「スーホの白い馬」の王様、ぼくにぴったりの役を楽しめた。

時間の使いかたが命の使いかた、といった人がいる。

その意味で、ぼくは60代、いい命の使いかたをしたように思う。



画像


























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年06月14日 17:28
自分の老いについて真剣に考えたことがありませんでしたが今年になって兄貴と妹をほぼ同時期に亡くし、おれもいつ逝ってもおかしくないんだと思うようになりました。男性の平均寿命まで来ました、今はアデショナルタイムみたいな気持ちでいます。
2019年06月14日 21:52
>アデショナルタイム ですか…!
いつホイッスルが鳴ってもおかしくないはずなのに、試合を見てると実は結構長く感じますよね。

特に、勝っているときは、早く終われよと思いますし、負けていると、まだ時間はあると心の中で叫んでいます。

男の平均寿命、いくつか知りませんが、ま、きちんと人並みには生きたことは威張って良いんじゃないでしょうか?
とくに、jiseiさんは!(笑)
2019年06月15日 08:53
>「興味」より「辛さ」が勝ち始めるところに「老い」がある。
私もそう感じる事があります。 興味があり、続けたい、やってみたい、行きたいなど考えるけど体がもういいよ、っていうのです。
炊飯姫
2019年06月15日 12:25
お疲れ様でした。
体力的にお辛い中、ここまで駆け抜けてくださったことに感謝しています。
ごろーさんと一緒に出来た事、すごく嬉しかったです。
ごろーさんと一緒なら最強!ってくらい心強かったです。
今後の在り方によっては、私もいつまで気持ちを維持して続けられるかはわかりませんが、
諸々受け継いで引き続き頑張りたいと思っています。
ありがとうございました!
2019年06月15日 17:51
What's up?さんには、わかっていただけました。

そうなんです。
>興味があり、続けたい、やってみたい、行きたいなど考えるけど体がもういいよ、っていうのです。
つまり、そういうことです。

でも、正直、それが辛い。
気持ちの持ちようだけなんじゃないかとかいろいろ思います。
でも、やっぱり「老い」が邪魔をします。
老いには勝てません。
2019年06月15日 17:55
>ごろーさんと一緒なら最強!ってくらい心強かったです。

いや、いや、それはぼくの方のセリフです。
ジャーさんの軽妙な進行がなかったら、大鬼もうまく出られませんでした。
>諸々受け継いで引き続き頑張りたいと思っています。
はい、若い人が繋いでいかないとダメですよ。
頑張って、子どもたちを喜ばせてください。
2019年06月15日 21:50
>実は、最近、いろんな場面でどんどん前出来たことができなくなっている。

これ、私も近頃 とみに感じ始めております。
まだ 「どんどん」 ではなく 「だんだん」 ではありますが(笑)、読書も 以前ほど量をこなせなくなってるし、持病ができたり体に痛みを感じたりで 意欲はあれど体がついてこない、ってことが多くなって^^;
そのうち もっと視力が落ちたり、歩けなくなったりするんだろうなあ、そのときはどうするか、なんてことをぼんやり考えてみたり。
悲観するのではなくて、少しずつ覚悟を積み重ねておくことも大事なのかなあなんて思ったりしてたところです。


2019年06月16日 04:22
>意欲はあれど体がついてこない

そこそこ!!!
意欲はあるんですけどねぇ。
若い人から見ると、意欲に欠けると見えるらしい。
違うんだ。
意欲に欠けるというのは、なんでもなくできるのに、面倒がっていい加減に流す、そういうのを言うんでね。

やりたくても満足にできないもどかしさを抱えながら一生懸命やっているのは、意欲に欠けるとは言わないから。

>悲観するのではなくて、少しずつ覚悟を積み重ねておくことも大事

誠にその通りであります。
いちいち悲観しても始まらない。
残存能力でどうカバーしていくかです。
とはいってもねぇ。悲しい現実があります。

この記事へのトラックバック