千原ジュニア氏

ぼくは、この人がテレビに出だしたころ、あまり好きではなかった。

「すべらない話」などでも、この人の声が口の中で落ちるのが気になって笑えないことが多かった。

でも、「スゴわざ」とかを見ているうちに、だんだん好きになって行った。

実は、この人、相当のビビりだ。

「スゴわざ」などでもこわごわ実験を見ているシーンが何回もあった。

そして。

最近の「プレバト」での活躍を見ていくうちに、心の中で応援していた。

「アメトーク」だったか、ビビり選手権に出ていたが、頑張って予選通過していた。

「プレバト」では、俳句は特待生。

消しゴムハンコでは、第一人者である。

ぼくも彼の消しゴムハンコの絵を見て、感心している。

構図が大胆なのがいい。

これからも頑張ってほしいと願っている。




画像






















この記事へのコメント

2019年06月13日 20:36
千原ジュニア、本業は何ですかねぇ、お笑いひな壇番組はあまりみないのですが、プレバトは俳句のパートだけ録画で観ています。夏井先生のコメントも最近はワンパターンになってきた気がします。
2019年06月13日 21:24
もともとは、お笑い芸人ですよね、確か。

夏井先生…。

そりゃあ、まぁ、ワンパターンにもなって来ますよ。
失敗のパターンが、どんどん類型化している感じですから。

この記事へのトラックバック