久保建英選手

サッカー界の希望の星ということでは、間違いなくこの人だろう。

2001年6月4日生まれ (年齢 17歳)。

まだ高校生なのである。

で、名門バロセロナの下部組織に所属しながら、FC東京で活躍している。

年俸は、480万だとか。

だけど、この人が数年後、世界を舞台にピッチを駆け回っているとき、その年俸は数億から数十億になるだろうといわれている。

それくらいの逸材なのだ。

実際に、彼のプレー特集を見ると、天才っているんだなと感心させられる。

ところが、U20には、彼を筆頭に「久保世代」と呼ばれている選手たちがいる。

これがまたすごい。

サッカー界には「ハンパない」若者たちが控えている。

日本サッカー界は間違いなく数年後、花開く。

日本が彼らに熱狂する日がきっと来る。

ぼくはそう信じている。


画像


























この記事へのコメント

2019年05月17日 17:13
似顔絵、いい線行っていますよ、久保選手突然出てきましたね、知らぬはjiseiばかりなりですかねぇ。サッカーは国際試合しか見ません、解説者のバカ騒ぎがどうもです。
2019年05月17日 22:11
>似顔絵、いい線行っていますよ

ありがとうございます。励みになります。

>知らぬはjiseiばかりなりですかねぇ。

そんなことはありません、きっと。
世間のどうでしょう85%は、まだ知らないと思います。

>サッカーは国際試合しか見ません

そう、そう。国際試合がいいんです。
J1とかは、プレミアリーグとかと比較すると、まだまだゆるい感じがします。
国際試合になると、突然スイッチが切り替わりますからね。俄然、面白いです。

この記事へのトラックバック