テリーザ・メイ首相

今日は、桃の節句。

女性の首相ならやっぱりサッチャーさんからの流れをくむイギリスかな、と。

でも、この方くらいいまジレンマに陥っている宰相もいないのではないでしょうか?

離脱すべきなのか、どうなのか?

安倍さんの辺野古より難しい問題だと思います。

忠ならんと欲すれば、孝ならず。

これが一番悩ましい問題です。

日本企業もイギリスからの撤退が続いているんだとか。

ぼくは、こういう時事問題についてはあまり詳しくないので、ただの床屋政談にしかならないのですが、でも、なんとなくですが、イギリスはEuは離脱しない方が後々よさそうな気がします。

そして、日本も日英同盟以来、英国とは親密な関係を保った方が将来的に、いいような気がします。

ブログ仲間の論客たちはどうお考えなんでしょうね?



画像





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年03月03日 14:54
二年前EUを離脱すべきかどうか国民投票をしたとき物の弾みで僅差で離脱派が勝利したとき、「ああぁ、やってしまった」と感じた人は多かったと思います。あの冷静な英国民にしてはちょっと軽はずみでした。しっかしあの英国、イギリスが複雑な国家だとは知りませんでした、おかげで勉強になりました。
2019年03月03日 21:53
行くも地獄、引くも地獄。
そういう時は早まった自分を責めて、ゴメンナサイすべきだと思います。

もう一度、国民投票をやり直して、復帰すべきかと思いますが、どうなんでしょう。
2019年03月04日 10:29
もし、このまま離脱すれば、英国は今の力を維持できないでしょうね。
メイ首相の顔、服装は私好きですね。悩んでいるでしょうけど、毅然としてますね。
2019年03月04日 13:03
やはり、維持できませんか!
ぼくもそういう感じがします。

>メイ首相の顔、服装は私好きですね。

わかります。
ずるいことは絶対しそうにない感じがします。
信念に基づいて行動しているというか。
おっしゃるように毅然とされています。
でも、心の内は相当複雑なんじゃないでしょうか?

この記事へのトラックバック