ごろ-の寝言

アクセスカウンタ

zoom RSS 光秀がやって来る

<<   作成日時 : 2019/03/20 22:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

ぼくの住む可児市。

ここに明智光秀が育ったという長山城跡がある。

土岐の方にも明智一族の墓があり、長い間、わが方こそと争ってきた経緯がある。

でも、近年の研究で、どうも可児市の方に分がありそうな感じである。

みなさんは、まだ、全然だろうが、今年になってからというもの、次のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で可児市は明智光秀一色に染められつつある。

「麒麟がくる」で商機も向こうからやってくる、ということで、市議さんたちも一生懸命だ。

ぼくもさる市議さんの活動を落語の客引きでサポートしている。

だからという訳でもないのだが、ぼくも図書館から明智光秀の本を三冊も借りて来て、勉強している。



画像




ところが、どうも借りてきた本がよくなかったかもしれない。

これまで、ぼくは戦国史ファンの一人として、ずっと明智光秀は逆賊なんかではない、むしろ本能寺があったからこそ日本の歴史は前進したと光秀派の論客として擁護してきた。

信長より光秀が好きだからだ。

ところが、今回のこの三冊を読み進めるにつけ、どうも雲行きが怪しくなってきている。

案外、光秀は残虐性を秘めたずるい思い上り人間だったのではないかと思い始めている。

後ろで、糸を引いた人物がいる。

それはずいぶん前から言われていることだが、その思いが強くなっている。

もう20年も前のことになるが、たまたまNHKの外郭会社の関係者として「関が原400周年」事業には深く携わった。

歴史民俗資料館の展示パネルなど作らさせて頂いた。

戦国史ファンとしてはたまらなく面白い仕事であった。

関ヶ原の戦いで、松尾山に小早川秀秋の軍勢がそんな何万も駐留できたか疑問に思ったので、原寸大で、想定される武者だまりに、軍勢を置いてみた。

すると、確かに、それだけの陣が張れたことが証明できた。

静岡大学の小和田先生もご覧になって、この図解を面白いねと褒めてくださった。

歴史をひも解くといくつもの?が生まれてくる。

これらを傍証からでも実際はどうだったか調べてみると、実におもしろい結果が出てくることがある。

そのうち、明智光秀も、とんでもない事実が明らかにされるかもしれない。

この三冊で、研究は一歩一歩進んでいることがよくわかった。

ま、来年になれば、光秀ブームがやって来る。

さ、ボランティアのガイドくらいじゃ面白くないから何かやりたいのだが、なにがいいのだろう?

そんな不埒なことを考えている。

どなたか、いい知恵を教えてはいただけないだろうか?




































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
後ろで、糸を引いた人物・・・秀吉かな? どうもそんな気がするのだけど(笑)
私が以前読んだ本では、光秀は清廉で実直な人物として描かれておりました。娘たちにも優しい良い父親として。
なので、私のなかの光秀像もそんな感じです。ってか、上司が信長とか、恐怖でしかないし^^;
キーブー
2019/03/20 23:52
以前、瑞浪市の舞台にエキストラ出演させて頂いたことがあります。
ミュージカル「本能寺が燃える」
明智光秀がメインの、本能寺の変の物語。
あれから愛知岐阜近辺で出演者を変えて数回上演され…今もどこかでやってるかも…
炊飯姫
2019/03/21 06:01
>後ろで、糸を引いた人物・・・秀吉かな? どうもそんな気がするのだけど(笑)

「信長の柩」でしたか、あれも小説としては実に面白かったんですが、秀吉説でしたね。

もし、絵を描いたのが秀吉ならとんでもない悪党ですよね。
光秀に殺させておいて、自分が討伐して、主君殺しの汚名まで着せたのですから。

ぼくはさすがにそれは、小説的かなとも思っています。

>私が以前読んだ本では、光秀は清廉で実直な人物として描かれておりました。娘たちにも優しい良い父親として。

そうなんですよね、今までの光秀像は。
でも、それはそれで、どうも出来過ぎな感じというか嘘くささを感じます。
昔の戦国武将って、いまのヤクザさんと一緒ですからね、もっと黒いところがないとやっていけない世界です。
そんなわけはないなと思っています。

ま、確かに、信長さんが上司だったら、恐ろしかったでしょうね。
それはそう思います。(笑)
ごろー。→キーブーさん
2019/03/21 16:17
>ミュージカル「本能寺が燃える」

ありましたね。
ポスターの図柄覚えています。

そうでしたね、ジャーちゃんでてたの知ってます。

>今もどこかでやってるかも…

そうですか。ま、でも、たぶん見には行かないな。
ごめんなさい。
ごろー。→ジャーちゃん
2019/03/21 16:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
光秀がやって来る ごろ-の寝言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる