異臭騒ぎ

懺悔者「神父様、わたしは大きな罪を犯しました。大いなる反省の念を持って懺悔いたします」

神父様「神はお聞きになります。なんでも懺悔なさい」

懺悔者「実は、先週木曜日、高速バス内で異臭騒ぎが起こりました」

神父様「異臭騒ぎ?」

懺悔者「はい、桜ケ丘から栄、名駅に行く高速バスの中でです」

神父様「わたしも乗りますから、よく知っています」

懺悔者「栄に着くちょっと前に、突然車内が変な臭いが充満したのです」

神父様「なるほど」

懺悔者「最初、皆、乗客は誰かのおならと思ったようですが、あまりに変な臭いで…」

神父様「ガスボンベみたいな?」

懺悔者「そうですね、何か人工的に作った化学的な臭いでした」

神父様「乗客の方は災難でしたね」

懺悔者「えぇ、特に中学生くらいの男の子と若いサラリーマンの人には大災難でした」

神父様「どうかしたのですか?」

懺悔者「はい、夏休みですから、中学生くらいの男の子が家族と一緒にバスに乗っていました」

神父様「家族旅行にでも行こうとしていたのでしょうね」

懺悔者「はい、その子が『お母さん、お腹が痛い』って、言ってたんです」

神父様「高速バスは途中で降りられないから困ったのでしょう」

懺悔者「いえ、その発言は乗って来てからわりとすぐにそう言ってました」

神父様「じゃぁ、なおさら、そうだったのでしょう」

懺悔者「それが、最後まで平気そうに乗っていました」

神父様「それはよかった」

懺悔者「で、最初、皆、その中学生が落としたんじゃないかと疑ったわけです」

神父様「なるほど」

懺悔者「お父さんらしき人が『おまえ、したろ?』と笑いながら聞いたんです」

神父様「ま、父親としては笑うしかないかもしれませんね」

懺悔者「そうしたら、その中学生は『ぼくはしてない』って半分泣き声で否定してました」

神父様「気の毒に…」

懺悔者「そうこうしているうちにバスは栄に到着しました」

神父様「あぁ、それはよかった」

懺悔者「そうしたら、わりと前に座っていた若いサラリーマンの人がさっと降りて…」

神父様「さっと降りて…?」

懺悔者「バス停の前にある公衆トイレに駆け込んだのです」

神父様「おやおや」

懺悔者「残った乗客は全員“あいつだったのか、真犯人は…”って感じでした」

神父様「ま、そう思いますよね」

懺悔者「でも神父様、実は、あれはぼくのスカしたおならが原因でした」

神父様「え?!」

懺悔者「ぼくのおならでした」

神父様「そうでしたか…」

懺悔者「朝からお腹の調子がよくなくて、お腹の調子にいいというニンニクとニラを食べて行ったのです」

神父様「ほう」

懺悔者「どうもそのニラがいけなかったんじゃないですかね。ちょっと腐りかけていた」

神父様「ニラが…」

懺悔者「それで、奇妙奇天烈な異臭になったんじゃないかと」

神父様「そこ?臭いの原因は細かく追求しなくても、ね」

懺悔者「そうですね」

神父様「それが懺悔ですか?」

懺悔者「はい」

神父様「おならをしてしまったことがですね?」

懺悔者「いえ、それもありますが、素知らぬ顔をして、ぼくは関係ないという態度をとり続けたこともです」

神父様「わかりました。懺悔なさい」

懺悔者「神様、ぼくはつい公共の場でおならをスカしました。しかもなお、疑われた中学生とサラリーマンのせいにしてぼくは素知らぬ顔をしていました。罪深い行為でした」

神父様「祈りなさい」

懺悔者「しかも、帰って来てから大きいのをする時見たら、少し漏らしてました」

神父様「えっ?!」

神父様「それも懺悔しますか?」

懺悔者「パンツが五百円玉くらいの大きさで濡れてました」

神父様「一緒に出たんでしょうね」

懺悔者「まさかこの年でそんな粗相をするなんて…」

神父様「それは仕方のないことです」

懺悔者「こんな罪深いことは初めてです」

神父様「いや、それは後悔の方でしょう」

懺悔者「いずれにしても、もうぼくは生きていけません」

神父様「どうしてですか?」

懺悔者「その中学生はぼくの甥っ子ですし、サラリーマンはぼくのお世話になっている知人です」

神父様「そうでしたか…」

懺悔者「ぼくは知らん顔して、どっちとも知り合いじゃないという顔をして乗り越したのです。そして、そのサラリーマンというのは、お宅の息子さんです」






神父様「それはいかん。確かに罪深い」














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2014年08月17日 07:36
ごろーさん
やはり、せりふが入るシナリオになると
うまいですね。 最後まで読みました。
2014年08月17日 11:26
ごろーさん オチが面白いですね。
私はもっと罪深いことをしたのか??と思いながら読んでいました。
クリスチャンでない一般的な日本人は、「懺悔」と言う行為は、「特別な罪を神に告白すること」と思っているではないでしょうか。私なんかそうですね。
「放屁」ではなく、もっと重い罪を考えてみては如何でしょうか・・・・(微笑)。
2014年08月17日 17:49
What's up?さん、お褒めいただきありがとうございます。
What's up?さんにそう言っていただくと、なんかホッとします。書いてよかったという感じですかね。
2014年08月17日 17:59
あきさん、そうなんでしょうね。ぼくも根っからの仏教徒だからこういうおふざけが書けるわけで、クリスチャンだったらきっと怒りだすでしょう。あの神聖な場でおならの懺悔なんてあるわけないでしょ、って。でもねぇ、ウソは泥棒の始まりということもありますから、重い罪の前にきちんと懺悔しておかないととも思うのです。神の前の日本人って、きっとその程度の信仰心で成り立っているのではないでしょうか?

この記事へのトラックバック