天才と凡人の差は、90センチ

この間、わが町の主役だったランちゃんと電話で演技論を熱く語り合った。(笑)
なんてことを言うと、よっぽどみたいに聞こえると思うけど、まぁ、実際の内容は、ぼくが演技者としてずっと疑問に思っていたことをお尋ねしたわけです。

その疑問というのは、演劇のセリフでテレビドラマのようなつぶやきが許されるかということだった。

実は、11日に見に行ったシャンソンに出ていた加藤さんが、大滝塾で「シーーッ!」と言った後のセリフが小声だった時に、大滝先生はすかさず大きい声で言っていいと笑いながら注意されたこと。
そして、先日、名古屋の劇団の稽古を見学した際、ある女の子が思考をまとめようとするセリフをほとんど聞き取れない声でブツブツ言っていたことにある。

まぁ、加藤さんの場合は、台本がシェークスピアということもあり、小声である必然性はあまり無かったとも思う。
しかし、件(くだん)の女の子は、現代劇であり、ブツブツ言いたくなる気持ちは十分理解できた。
そこで、ランちゃんに演劇的声の張り方の是非、境界についてお尋ねしたという次第である。

さすがにランちゃんは素人のぼくでもわかるように易しく教えてくれた。

次に、ポジション取りに感心した話をしたのだが、その話があまりにも他の話と酷似していた。
ランちゃんはある老女優さんに、あなたとプロの差はその立っている位置の3歩の違いだという指摘を受けたことがあるらしい。
実は、サッカーで誰が言っていたかは忘れたが、「天才ストライカーと凡人ストライカーの差は3歩=90センチの差だ」という言葉だった。3歩、右か左によっていたらゴールに結びついたのにという位置取りの差は、天性のものらしい。

大滝塾でのランちゃんの位置取りは計算の上のことだったのか、勘だったのかを聞いた。
なんとなくそうしたという答えを聞いて、やっぱりそうかと思った。
凡人ストライカーは、残念ながらやって見せられるまで、それに気がつかない。
なんとなくという勘がピクとも働かないということは、まことに残念なことである。



博多一風堂・河原成美 凡人が天才に勝つ方法
集英社
会津 泰成

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 博多一風堂・河原成美 凡人が天才に勝つ方法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

漢法を知る
中山書店
伊沢 凡人

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 漢法を知る の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

よく効く野菜くだもの療法
家の光協会

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by よく効く野菜くだもの療法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

なるほど
2011年07月14日 12:40
さっちゃんの劇団稽古、観に行ったんですね。行きたかったなぁ。非常に興味深い日記でした。

この記事へのトラックバック