心に留め置きたい言葉

先日、劇団あおきりみかんの新人公演を見てきた。
初々しい緊張感に満ちたいい芝居であった。
演劇というものは稽古の量はシロウトにもわかる。
仕上げに時間がなかった舞台はたとえプロの舞台でもフワフワと上滑りしている。

危なげなく安全運転しているさまが伝わってくる。
それが見ていて危なっかしい。
プロでさえそうなのだからアマチュアの舞台はいよいよ怖い。
滑りそう、滑りそうで誰かが滑る。

まして、鹿目さんの台本はテンポよくやらないと面白くない。
ポンポン台詞がやり取りされないといけない。
そういうことでは、よく練習してきたなというのが痛いほどわかった。
台詞のない時の演技も全員さりげなくきちんとやれていた。
でも、それでも、やや不満が残った。
それは、幾つかだが自分の台詞がストーリーに与える影響を理解せずに口にしていたところだ。
そのセリフはずっと後のセリフに引っかけるために入れたと思われる台詞が流れていた。
たぶん、その新人役者はそのセリフの意味をそこまで展望していなかったのだろう。

台詞として言えてるからセーフということにはならない。
ぼくはそのことを山口茜さんのWSで学んだ。
わずか15分程度の脚本なのにそういう狙いがあることを知らされて驚いた。
以来、ぼくは台本を何度も何度も読むことを心がけている。
そうさせた茜さんからのメールを転記する。
心に留め置きたい言葉として…。

舞台上でセリフが無い時なにをすべきかとか、「それっぽくセリフを言う事とほんとにセリフを言うことの違い」
とか、演出意図の汲み方とか、そういうのはあらかた「道中で得られる産物」ではないかと思っています。

ただ、「自分で考えてみようとしない」人は、個人的には無理ですね。
見当違いでも間違いでもいいからまず自分のプランをやってみる人が好きです。
演出家は「理想とするライン」を先に演出プランとして練って来るので、
それを超えられたりするととても興奮します。
それを嫌う演出家も絶対いるとは思いますが。


作家がその本に尽くした時間と、
演出家がその本を解釈した時間、

それと同じぐらいの責務が俳優に課されているという事を、
知っている人は魅力的だと思います。


そう言う事は多分、プロでもアマでも関係無く理解できる作業ではないかと。

山口茜





0~5歳児の劇あそび脚本ベストセレクション (ナツメ社保育シリーズ)
ナツメ社
劇あそび・保育研究所

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 0~5歳児の劇あそび脚本ベストセレクション (ナツメ社保育シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

結婚披露宴司会と演出の手帳—実例台本つき (早わかりガイド)
小学館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 結婚披露宴司会と演出の手帳—実例台本つき (早わかりガイド) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

#61 レトロロケット ★ラジオフライヤー社★アメリカ雑貨★アメリカン雑貨
アメリカ雑貨通販キャンディタワー
 昔の宇宙アニメに登場したロケットをモデルに完成したのがこのレトロロケット! 美しい曲線から生まれた

楽天市場 by #61 レトロロケット ★ラジオフライヤー社★アメリカ雑貨★アメリカン雑貨 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック