テーマ:50代以上のblog

吉田羊さん

ぼくは、ぴったんこカンカンとモニタリングが好きでたまに見るのだが、昨日は、その後の「恋する母たち」とかの番宣でこの方が出ていた。 吉田羊さん、いい意味でも悪い意味でも目立つお顔である。 美人系でこれだけ特徴がはっきりしている人もそうはいない。 性格も酒場放浪記などを見ていると結構楽しいからきっといい人だろう…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

宮崎美子さん

「いまのキミはピカピカに光って~~」 1980年6月。 宮崎美子は、ミノルタの広告で一躍人気者になった。 その彼女が、芸能生活40周年でまた水着姿を披露されたらしい。 60代にしては豊満な肉体である。 最近では、クイズ番組でしかお会いしないように思う。 たまにドラマもあるが、時代劇の印…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大福マル~ライデル・マルティネス投手

この方、日本人と骨格そのものが違います。 まさに、こんな感じ。 ジブリの「ラピュタ」に出てくるロボットみたいに手足が長く、近くで見るとぎょっとする体つきです。 だけど、何ですか、昨日急に、コンディション不良とかで登録抹消になってしまいました。 まことに残念です。 だけど、この人もガル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大福マル~福敬登(ふくひろと)~

ドラゴンズ抑えの三人衆、大福マル。 その二番目が、福投手なのだが、この方が祖父江より先に投げることが多い。 そういう意味では、福大マルが呼称としては正しいのかもしれない。 この人も実は、相当苦労して今日の立場にある。 JR九州からドラフトでドラゴンズに入り、一時期は肩を痛めて、育成選手にま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大福マル~祖父江大輔~

ドラゴンズを2位にまで押し上げた要因のもう一つがこの「大福マル」救援陣。 この祖父江投手だけが名前の「大」がとられている。 祖父江という姓は珍しいと感じる方も多いかもしれないが、こちら東海地方ではわりと多い姓である。 木曽川沿いに、祖父江町というのもあるくらいだ。 発音は、「そふえ」と濁らない方もいる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

パンサー向井慧くん

わが家の夕方は、長くCBCである。 「イッポウ・ファミリー」から「チャント・ファミリー」なのだが、この方がコーナーを持っている。 「いざ、学校へ向かいます」のコーナーだ。 手を挙げてくれた学校、主に高校が多いが、そこへこの方が訪問して恋バナなどを紹介してくれる。 これが意外に面白い。 ぼくは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

司馬遼太郎氏

jiseiさんのコメを見て、俄然描く気になりました。 司馬遼太郎氏。 尊敬してやまない作家です。 ぼくは青春時代に、この方の「竜馬が行く」とか「坂の上の雲」、「国盗り物語」とかを読めたことを本当に良かったと思っています。 おかげさまで、この方の随筆や紀行文などほぼほぼ読みました。 「関ヶ原400…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

染谷将太くん

わが可児市では、「麒麟がくる」に乗っかって、3000万円もかけて光秀の銅像を作りました。 いつもは、市の予算が厳しいからと言ってるわりに、こういう無駄なお金をつぎ込む。 ほんとうに、いかがなものかと思います。 喜んでいるのは、これを作った彫塑の先生くらいだと思います。 ところで、「麒麟がくる」。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

桜井日奈子さん

ぼくは、実は、この方とだいたい1ヵ月に2回ほど週末に挨拶を交わしている。 お会いするのは、ガソリンスタンドである。 給油しようとすると、この人が画面に出てきて、挨拶してくれる。 「いらっしゃいませ、コスモ石油の桜井日奈子です」。 はい、存じ上げております、と返事する。 どうして週末かというと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

木下拓哉選手

ぼくが心から応援しているドラゴンズ、ついに単独2位にまで行きました。 最大借金9から貯金2つまでの追い上げ。 よくぞここまでやってくれました。 プロ野球評論家も驚く快進撃の理由の一つにこの方の活躍があります。 木下拓哉選手。 法政大学からトヨタ自動車、そしてドラゴンズ。 ドラゴンズは長…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

池田成志.さん

「半沢」の時、描いたみたいですが、掲載するのを忘れていました。 出し遅れの証文みたいなもので、かっこ悪いのですが。 たまにあるんです。 前のを見ていたら、あれ?これ描いたっけというのが。 これもその一つです。 今日、掲載しないともう出番がないだろうなと出すことにしました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

筒美京平さん逝去。

80歳でお亡くなりになられた由。 実は、ぼくはまだ駆け出しのデザイナーだったころ、六本木に芸能プロダクションがあり、そこのミニコミ誌を制作していました。 ある時、大先生がお見えになるとかで皆が緊張していました。 その大先生こそ筒美京平先生でした。 とっても気さくな感じに僕には見えました。 その後…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

大堀彩選手

バドミントンの選手です。 英才教育を受けた人で、実力は折り紙付きなのですが、ここというところで勝ちきれない。 いますよね、こういう人。 運が悪いのか、性格が禍するのか分かりませんが。 ま、でも、端正な顔立ちなのでこの方押しのファンは多いみたいです。 ま、若いうちの苦労。 頑張って乗り越えて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

吉高由里子さん

今日から始まるドラマ「危険なビーナス」。 半沢の代わりに見ようかと思っております。 面白ければいいけど、半沢があまりにも過激だっただけにどうかなと思っています。 人間って、どうしてより過激な方に向かうのでしょうね。 カレーも3辛をクリアしたから5辛に挑戦とかね。 いいって、そんなのクリアした…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

広瀬すずちゃん 描き直し

最近、どうも、描きたての時には、まぁまぁかななどと思って掲載しているが、翌日なりに見直してみると、全然似てない。 こういうことが、何回か続いている。 広瀬すずちゃんも、置いて見てみたら、全然似てない。 ぎょっとして、描き直すことにした。 今日は、衣替えの日と家内と決めていた。 朝からスキを見ては…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

広瀬すずさん

何ですか、この方もコロナに罹ったそうですね。 いやですねぇ、じわじわいろんな人に広がって。 トランプさんは自業自得。 でも、日本人は持ち前の国民性でここまできちんと手洗い、マスク、ソーシャルディスタンスを励行していますのに。 アメリカなんかからすれば、日本の死者数なんてほとんど死んでないくらいの数字で…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

石原さとみさん

結婚するんですってね。 それも一般人と。 ま、いいじゃありませんか。 おめでたいことですよ。 幸せな結婚生活になることを祈っております。 こう素直に言えるようになったこと、自分が年取った証拠です。 若い時なら世の不定を恨んだでしょうけどね。 それにしても、石原さとみの似顔絵に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

山之内すずさん

たまには、可愛い子ちゃんを描こうかなと思って描き出したのですが、いまスランプ気味なのを忘れていました。 なんか違う、なんか違うと思いながら描き直したり微調整したりすること一時間余り。 こういう時は、そういう苦労が実らないことも先刻体験済み。 結局、この程度が限界かなということで手を打ちました。 と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高田賢三さん逝去

この方もコロナだったそうですね。 まぁ、ほとんどフランス人だったように思いますから、欧州のコロナは東洋のよりきついのかもしれません。 コロナがこの世に大切な人を容赦なく奪っていく。 恨めしいですね。 高田賢三さんで思い出すのは、ぼくと同年代の女の子がこの方を慕って、ファッション業界に進みました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仲里依紗さん~喫茶バンブーのママさん~

雑な絵で、あまり似てもないのですが、掲載します。 本日、本来はロケ立ち合いの日。 いまごろは各務ヶ原のロケ地に向かっている最中のはずでした。 だけど、ま、いろいろ行けないことが重なって、本日の仕事は学習塾だけ。 ま、そんなわけで、似顔絵が全く描けてません。 ほんとのところ、似顔絵も描けないほ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

天童よしみさん

「四角い仁鶴が丸~~るく収めます」という法律相談番組に出ていらっしゃいました。 ぼくは、女性演歌をあまり知らないからなじみが薄いが、逆に言うと僕でさえ知っているということはこの人も相当頑張ってきた人だろうということだ。 確か、その後結婚されたと思うが、それ以前、彼女は「神さまが歌を授けてくださったのだから、い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

野間口徹さん

朝ドラ“エール”での喫茶「バンブー」のマスター。 工場に行くことにしましたが、この人にも召集令状がくるんじゃないかと怯えています。 やっぱり、いくらドラマでも戦争は嫌だなと思います。 先週、裕一にも赤紙が届きましたが、この方が死んだらドラマが終わってしまいます。 というわけで、この方だけは大丈…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

室伏広治さん

鈴木大地さんの後をついで、この方がスポーツ庁長官に就任されました。 本日、初登庁された由。 頑張って、いい政策を世に送り出して、吠えていただきたいものです。 何十年前でしたか、六本木でお父さまにすれ違ったことがあります。 遠目にもすごい胸板の人がこっちへ来るのですぐわかりました。 めちゃくちゃス…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ギンズバーグ判事

アメリカ合衆国の判事さんにこんな立派な方がいらっしゃったなんて知りませんでした。 お亡くなりになって、やっと知ったというのが残念なんですが。 まぁ、しかし、トランプさんは今のうちとばかり保守系の女性判事を指名されたとか。 なんだか、追い込まれてなりふり構わない感じに見えますが、でも、中国よりはまっとうな…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

妻夫木聡さん

宝くじのCMで、よく見ます。 映画やドラマもやっているみたいですが、ほとんど見ません。 最近、テレビは、朝ドラと「半沢」くらいでしたので、「半沢」が終わった今、見たいものがどんどんなくなっていくようです。 竹内結子さんの「ストロベリーナイト」とかがあれば、見るんですけど。 姫川班、返す返すも残念でなり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おかだの岡田(お父さんの方)

昨日、白川町の山奥でヒノキの伐採などを撮影して、その後、学習塾のバイト二コマ連続。 久しぶりにしっかり働いたので、本日休養。 寄る年波で、ボロボロです。 困ったもんだ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

正代関、優勝おめでとうございます。

106年ぶりという快挙を見たかったのですが、結局は、実力者が勝ち残りました。 正代関、本名なんですね、しこ名。 おばあさんが、正代正代(しょうだいまさよ)さんらしいですね。 ま、そういう人もこの世にはたくさんいらっしゃるみたいですね。 今朝は、朝早くから岐阜の山奥、白川町下油井まで出かけて、撮…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

竹内結子さん自殺?

ビックリしました。 あんな綺麗な人は自殺なんかしちゃあだめですよ。 他の女性がどんなに持ちたくても持てないものをたくさん与えられて、この世にあったのですから。 とんでもない罰当たりでしょう。 で、このニュースを聞いてふと思い出しました。 昔、和歌山で木こりさんのインタビューをしたとき、この方がこ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

岡田結実さん

ますだおかだの岡田の娘さんということはよく知られている。 昨日、塾のバイトをやって来てから肩が痛い。 右肩の腱が三分の一程度断裂しているから仕方ないのだけど、体調までよろしくない。 もっとも、そっちは、昨晩アイスクリームを夕食後ガッツリ食べたせいだろう。 朝からグダグダ過ごしている。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

翔猿関

昔から人気のある小兵力士。 翔猿関もそのカテゴリーの力士のようです。 他に、炎鵬とか石浦関とか。 炎鵬なんてあの小さな体でよく頑張っていると思いますが、重量力士に押しつぶされるのを見ると、可愛そうになります。 そういう意味では、この方、そこまで小兵でもない感じです。 優勝が見えてきました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more