テーマ:似顔絵

落語名人集(1) 桂三木助

jiseiさんのひと声で、これから落語名人集を描いていきます。 時たま、気分次第で別の人が入ってくるかもしれません。 落語家さんで名人と呼ばれる人は、生存している人の中にも何人かいらっしゃいますが、基本、他界した名人にします。 で、今日は、三代目「桂三木助」。 「芝浜」の三木助というくらいで、「芝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浅野忠信&内藤聖陽

内藤「酔っぱらいシリーズの撮影って、言ってたけど、これ、“モネ”?」 浅野「違うみたい。カラオケシリーズのあと、なに描こうか迷ってさ、リクエストが前にあったのを思い出したかららしい…」 内藤「で、これ、なに待ちなの?」 浅野「台本待ち!」 内藤「台詞わかってないの?」 浅野「なんでも、じろ吉…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

来生たかお「Goodby day」

ぼくの中の「カラオケ・シリーズ」、まだまだあるのでしょうが、パッと思い起こす限りこんなもんということで、今回が最後。 トリをおさめますのが、「来生たかお」さん。 女の子と歌いに行くときはこの人でした。 勝負パンツみたいなもので、カッコつけてしか歌わないとっておきです。 「Goodby day」とか…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

村下孝蔵「初恋」

カラオケで覚える歌って結構多い。 ぼくにとって、この人の「初恋」もそうだった。 誰かが歌って、飲み屋さんだけで聞いて覚えた。 後に、この人の「初恋」のモデルだった女性の写真を見て、ぼくも一目惚れした。 それからは、ますますこの歌をご贔屓したものである。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

上田正樹「悲しい色やね」

♪にじむ街の灯を ふたり見ていたぁああ 桟橋に止めた 車にもたれてぇ 泣いたらあかん 泣いたら せつなくなるだけ―― HOLD ME TIGHT 大阪ベイブルース おれのこと 好きか あんた聞くけど HOLD ME TIGHT そんなことさえ わからんようになったんか 大阪の海は 悲しい色やね …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ガロ「学生街の喫茶店」

ぼくのカラオケシリーズ、今回は「ガロ」。 「学生街の喫茶店」。 ♪君とよく来たものさ~~ この曲も随分歌いました。 ぼくの友人のI君が、ファッションをコピーしてました。 なんとなく雰囲気が似てましたからね。 白いフワフワの毛を買ってきて、はばひろ帽子に接着剤でくっつけてプレゼントしました。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

千昌夫さん

実は、ぼくは、出身高校の東海支部長という要職にある。 と言っても、就任するときはさんざんごねて、の役職就任だったし、なんと言っても、就任挨拶をした翌年からずっとコロナで年一回の総会も開かれていない。 で、6つ年上の兄も同じ高校だったから東海支部の中にも兄と同級のMさんという方がいらっしゃる。 この方が、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

いるかさん

「なごり雪」。 ま、フォークソングから生まれた名曲のひとつに違いありません。 大学時代、新聞配達をして一緒にアメリカに行ったMさんが、大学卒業後、故郷にかえるというので見送りに行った日がまさにこんな感じの日で、プラットホームの先の汽車の影が雪の中に消えていきました。 お付き合いでもしていれば、まさに「な…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

伊勢正三さん

「あの唄はもう唄わないのですか」 「加茂の流れに」 「22歳の別れ」 「神田川」 「赤ちょうちん」 「なごり雪」 「ささやかなこの人生」 「妹」 「海岸通り」 ぼくは、実は青春時代、同世代を生きた並の若者として、フォークソングを聞いていた。 正直言うと、音楽に対して熱心ではなかった。 ま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

土田龍空内野手

ドラゴンズ、ドラフト3位のルーキーですが、期待に答える働きをしてます。 近江高校からのまだ18歳。 名前は「つちだりゅうく」君。 天翔ける龍のようななんて、名前が良い。 そして、何より面構えが良い。 打撃が期待できる二塁手として巨人戦でも頑張っていました。 根尾くんもボヤボヤしてられな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

寺尾聰さん

「ルビーの指環」だけでしたが、これも一時期歌いました。 あのなんとも言えない前奏から歌へ。 最初、歌に乗り損なっていまして。苦手でした。 でも、歌い始めに指でカウントしてくれるやつが出てきてからそれはなくなりました。 ぼくが録音などのとき、「Q!」を出すと、その指がなんか、カラオケのそれに見えると…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

吉田拓郎

しぼったばかりの夕陽の赤が 水平線から もれている 苫小牧発・仙台行きフェリー あのじいさんときたら わざわざ見送ってくれたよ おまけにテープをひろってね女の子みたいにさ みやげにもらったサイコロふたつ 手の中でふれば また振り出しに戻る旅に 陽が沈んでゆく 「落陽」、大好きな歌です。 「シン…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

河島英五さん

歌手って意外に早く亡くなってしまうよね、で思い出しました。 河島英五さん。 カラオケに行って、まず入れるのが、この人の「時代遅れ」か「野風増」。 男の子が生まれていたら、きっと歌っていたと思います。 「お前が二十歳になったらぁ~~」って。 亡くなったって聞いたときは唖然としました。 早…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

高橋真梨子さん

カラオケで歌ったといえば、この人も書いておかないと片手落ちになります。 高橋真梨子さん。 「あなたの空を翔びたい」「for you…」「桃色吐息」「はがゆい唇」「ごめんね」などなど。 で、ぼくは昔、ペドロ&カプリシャスのボーカル、前野曜子さんのファンであった。 同じファンだった友だちから下宿に電話…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

尾崎紀世彦さん

なんか、故人特集みたいになってますが、年寄りのブログですから仕方ありません。 大声でシャウトすればそれなり、というフレーズで思い出しました。 ぼくが大声でシャウトするのはこの方の歌じゃなかったかと思います。 ♪また、会う、日、まで~~ ヘタなくせにシャウトしてました。 でも、懐かしいなぁ。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

尾崎豊さん

カラオケで歌ったといえば、この人もあげておかないといけない。 尾崎豊さん。 「I love you」とか「15の夜」とか、よく熱唱したものである。 「アイ ラビューーー!!!」と歌うのがコツとか言われ、そう歌っていたっけ。 「オーマイ、リルガール」とかね。 この人もいい歌が多いのだが、ぼくは…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ちあきなおみさん

いま、ぼくが住んでいる自治会の会長さんが、この人の歌で「四つのお願い」の原稿を寄せられた。 「ゴミ出し」と「速度制限」「ペットの管理」そして「周囲への気遣い」の4つだ。 会長は、著作権が心配だとかおっしゃっているようだが、広報部としては、なんとも扱いづらい原稿に手を焼いている。 どうせなら、ちゃんとメロ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

テレサ・テンさん

カラオケで歌ったといえば、この人も欠かせない。 テレサ・テン、鄧麗君。 「アジアの歌姫」と讃えられたが、若くして怪死した。 「つぐない」という歌がある。 ♪窓に西陽が あたる部屋は いつもあなたの 匂いがするわ ひとり暮らせば 想い出すから 壁の傷も 残したまま おいてゆくわ ぼく…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

吉幾三さん

昔、まだ現役バリバリで、よく飲み屋さんに行ってた頃、必ず一回はカラオケに入れたのが、この方の歌だった。 「雪国」とか「酒よ」とか。 音程があっていたのだろう、無理なく歌えた。 そういえば、もうカラオケも行かなくなって久しい。 これもだいぶ昔の話だが、ぼくの嫌いな上司がいた。 自分は歌…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

桂銀淑さん

ぼくは、この人の歌が好きで、今でもよく聞くことが多い。 「すずめの涙」が一番多い。 その次が、「真夜中のシャワー」かな。 「夢おんな」「酔いどれて」「悲しみの訪問者」「花のように鳥のように」「ベサメムーチョ」…。 みんないい歌である。 声のカスレ具合がなんとも言えぬ大人の雰囲気を醸し出してく…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

倉木麻衣さん

パソコン二重生活。 ブログを書くにあたっては、まだまだ機能的に頼らざるを得ないぼくのデスクトップ。 なのに、コメントを書こうとすると、なぜだか不具合を起こすメインパソコン。 そこで起用されているのが、コメントのためだけに使っている古いノートパソコン。 もっとも、こっちのPCは、スキャナー機能が使えない…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

IOC前会長 ロゲ伯爵逝去

思えばあの時から苦難の道は始まっていたんですね。 なんか楽しそうな響きじゃなかったですものね。 この方もベルギーの貴族だったみたいですね。 ま、貴族なんてだいたいろくなもんじゃない。 その気分を色濃く残している人たちが、IOCという奇妙な団体を率いている。 「オリンピックという最高の舞台」、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

小林旭さん

先日の「大滝詠一特集」を見ていたら、この人が出演されていました。 小林旭さん、歌うは「熱き心に」。 80おいくつかになられますよね。 その割に声はちゃんと出ていらっしゃいました。 あの曲も大滝詠一だったんですねぇ。 とうも昔に知っていたはずですが、妙に新鮮に聞こえました。 小林旭さんと…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

井上陽水さん

あの人の歌が聞きたい、第二弾はこの人、「井上陽水」さん。 僕ら世代にとっては、欠かせない歌手の一人です。 「真っ白な陶磁器を飽きもせず眺めては~~」 新婚時代、LPレコードを何回回したことか。 懐かしい光景がいくつも浮かんできます。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

中森明菜さん

日本の歌手で「カバーしてほしい歌手」の一人がこの人だ。 中森明菜さん。 スローモーション 少女A セカンド・ラブ 1⁄2の神話 トワイライト -夕暮れ便り 禁区 北ウイング サザン・ウインド 十戒 飾りじゃないのよ涙は ミ・アモーレ 赤い鳥逃げた DESIRE -情熱- …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

田島貴男さん

「Covers」で知った歌手の方です。 最初、いやーきらいだな、こういう歌い方は、と思ったものです。 でも、5作まとめて見たときに、この人の歌の魅力がちょっとわかった気がしました。 今風のアレンジなんでしょう。 リリー・フランキーの紹介の仕方がうまかったのかもしれません。 家内もこの番組から…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Covers三昧の一日

昨日、リビングのエアコンがブルブル鳴り出した。 で、月一回の病院通いを急遽やめて、エアコンの修理屋さんを待っていた。 家内は、お友達と髪を染めてくれるお家にいくというのでぼくが留守番していた。 約束の時間に修理屋さんが来て、見てくれた。 ローラーがスムーズに回っていないという。 見積もりをく…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

麻丘めぐみさん

「給食のおばさん」がテレビに出てきたとき、娘がこの人だれだと思う?と聞きます。 わからずにいたら、なんと麻丘めぐみだというじゃありませんか!!! ショックでした。 で、昨日ですが、右手の逆剥けを思いっきり剥いたら、痛いのなんの。 お菓子なんか左手でつまんでいました。 それで、思い出したことが…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

笑福亭仁鶴さんと千葉真一さん 逝去

笑福亭仁鶴さんと千葉真一さん、ともに亡くなりました。 「四角い仁鶴がまぁ~~るく収めまっせ」と言ってた方がいなくなる。 はてさて、今後はますますギスギスした世の中になるのでしょうか? 千葉真一さん。 「仁義なき戦い」の大友勝利役、圧巻でした。 こうして才能の人がどんどんいなくなっていく。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

コロッケさん

ぼくは、「モニタリング」という番組を好んでみている。 プレバトの俳句は欠かさず見ているので、その流れで見ているのかもしれない。 で、その中で、アニソン歌手とかが思わぬところで歌ってくれるという企画が好きである。 カラオケ屋さんであったり、道の向かい側だったり、屋形船というのもあった。 昨日は、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more