テーマ:落語、講談

「武陵会」で一席

今日は、年に一度の出身高校の同窓会。 その「武陵会」で一席やってきた。 昨年、意外にウケたので味をしめて、今年も高座に上がらせてもらった。 今年は、「紀州」をやってきた。 「紀州」は、中身がそうないので、いくらでも時間が足し引き出来る。 今日の総会も時間が20分以上押していたので、短めにとやってきたが、うま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ハイツふれあい会」で一席

今日は、桜ケ丘センターで、民生委員協議会さんからのご依頼で、60数名のお年寄りを前に一席やってきました。 で、出し物は、さんざん迷ったあげく、「死ぬなら今」を。 前に、ぼくもよく歌いに行っているフォークソングの方たちの歌があって、次がぼくの出番でした。 その前の体操から押して、11時からの時間が、ほぼ20分。 ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「短命」

6月第一水曜日の「おしゃべりサロン寄席」は、ひとり高座でした。 寅吉さんが急にいけなくなったと断ってきたのです。 仕方ありません。 ひとりでやってきたのですが、初ネタは続いておりまして、「短命」。 凄くよかったと思います。 けっこう笑っていただけましたし。 明日は、民生委員協議会さんからの高座をつとめ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

落語3連荘

19日から今日まで、落語3連荘。 ま、正確に言うと、本番2回、打ち合わせ1回なのであるが…。 本番は、桜ケ丘の「お休み処」で、マジックと落語2題。 兼ねてよりお願いしていたのだが、やっと実現した寄席である。 ま、正確に言うと、ここで仲間内のトラブルから「笑福の会」にひびが入った因縁の場所である。 ぼくは欠席…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

本日「親の顔」

今日は、令和初日。 いつもの「おしゃべりサロン」で一席やってきました。 令和初日に落語やってきたというのはちょっと自慢にできるかもしれません。 今日は、「親の顔」。 師匠のお得意ネタだったものです。 だけど、ぼくにとっては初めての新作もの。 古典落語と一緒のつもりでおりましたら、やっぱりちょっと違いま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おしゃべりサロン寄席

本日、おしゃべりサロン寄席。 ぼくが「花筏」、寅さんが「幽霊蕎麦」でご機嫌伺い。 今日の「花筏」は、まぁまぁうまくやれた。 だけど、やったつもりの録音がまたできていなかった。 おかしいなぁ。 この間みたいに、最初っから置いといた方がいいのだろうか? ま、まだ録音するほど上手じゃないということだろう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜ケ丘デイサービス

27日、桜ケ丘デイサービスにおいて恒例の落語の会。 介護施設のお年寄り相手の落語は、けっこう骨が折れるところがある。 3割くらいの方は、すぐうつらうつらされる。 起きてても、表情が希薄だから、笑ってもらったのかどうかがよくわからない。 そして、男性のお年寄りは、まぁ笑ってくださらない。 だから、こっちの気持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うまくいったのに。

本日、毎月恒例の「おしゃべりサロン寄席」。 ぼくは、ここの高座が一番好きだ。 うまくもないのに、よく笑っていただける。 それに、もう顔見知りの方が多いので、気が楽だ。 今日は、20数名のお客さんが詰めかけていてくださった。 寅吉さんは、「粗忽の使者」。 ぼくは、「月に叢雲」。 という訳で、まだ、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜ケ丘デイサービス寄席

2月の桜ケ丘デイサービス寄席。 寅吉さんは、「坊主のいたずら」。 ぼくは、「月に叢雲」でご機嫌伺い。 お元気そうなおばあ様ばかりが横一列の並んで聞いてくださった。 途中一箇所、重要なくすぐり部分をすっぽり抜かしてしまったが、まぁまぁだったと思う。 でも、後半で抜かしてしまうのは明らかに練習不足だった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2月6日、落語。

大変な記録を書き忘れておりました。 2月6日、おしゃべりサロンで落語やってきました。 新ネタ、用意していたのですが、「紀州」もやってなかったので、時間の関係で「紀州」をやってきました。 録音、一応、成功したのですが、ちょっといろいろ公開するには不都合なことを言ってますので、次回差しさわりのないときのものを後悔する予定で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

昨日、落語の日。

昨日は、いつもの「桜ケ丘デイサービス」での落語。 荷物を持って入っていくと、おばあさんたちが、「待っとたよーー!」と笑いながら迎えてくださった。 こんな嬉しいことはない。 寅吉さんはすでに着替えて待っていらっしゃった。 すぐ着替えて、ぼくが先に出させてもらった。 というのは、一番短そうなネタだからだ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小さな成功体験

人間というものは、結局小さな成功体験に縛られるものなんですね。 ぼくの落語もそうなのかもしれません。 自分でも、決して上手いわけじゃないことは知っている。 でも、月一新ネタは、今年も続きそうだ。 とにかく粗筋だけでも覚えて、高座に掛ける。 みなさんの受けがよく、ドッと笑いが来たときは、自分の実力。 聞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本年、初高座

今日は、毎月定例の「おしゃべりサロン寄席」の日。 そして、本年最初の高座だった。 まぁ、年初めにやる演題はそう多くない。 で、ぼくは「松竹梅」をやるつもりで出かけた。 既に、その時、なんとなく寅吉さんとかぶりそうな気がしていたのだが、案の定かぶっていた。 ところが、寅吉さんは車でちょっとした接触事故を起こし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

来年は…。

帷子爆笑寄席のMさんから写真が送ってきた。 これも、今年は、ほぼ毎月出させてもらったが、来年からは少し控えようと思っている。 ま、こちらにもいろいろ事情というものがある。 それに、なにより、体調が万全ではないということだ。 落語も、もう少し上手になりたいのだが、健康を的にしてまでやることではないと感じている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜ケ丘デイサービス寄席

今日は、いつもの桜ケ丘デイサービスで、一席。 年内最後の寄席ということになる。 今日は、家内の笛のお仲間がお二人、わざわざ聞きにおいでくださった。 先日、ぼくが家内の篠笛の会を紹介したことで、ここで篠笛の演奏が行わた。 その時、僕がここで定期的に落語をやっていることを知り、来てくださったのだ。 実のところ、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

帷子爆笑寄席

本日、帷子爆笑寄席に行ってきた。 前回、来場者が極端に少なかったとかで、寅吉さんがご立腹だった。 今回もそうかも知れないと思って行ったのだが、10数名の方が聞きに来てくださっていた。 岐阜大落研の学生さんが三名。 ゐ和(いなご)君、めだかさん、あられさんの三人。 三人とも顔見知りである。 それぞれ、「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本日、落語。

今日は、第一水曜日ということで、おしゃべりサロンで落語。 今日も寅吉さんと一緒にやってきた。 ぼくは、「二番煎じ」。 寅さんは、「真田小僧」だった。 月に一回の定例寄席。 こういうのがあるだけでありがたいとつくづく思う。 だけど、月一の新ネタは結構厳しい。 寅さんも最近少し音を上げていらっし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

広見爆笑寄席

18日は、「広見爆笑寄席」に行ってきた。 「はてなの茶碗」でご機嫌伺い。 その前に、岐阜大の子三名がやっていたが、実は、先日の桜ケ丘の寄席に来ていた三人だった。 ながら家ゐ和(いなご)君、「元犬」。 ながら家流馬(るんば)君、「初天神」。 鵜飼家あられさん、「お見立て」。 最後が、僕で「はてなの茶碗」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おしゃべりサロン寄席

本日は、毎月第一水曜日の「おしゃべりサロン寄席」の日。 実は、先月、曜日を間違えて、ここのお座敷に穴をあけてしまうという大失態を犯してしまった。 水曜日を火曜日とばかり思いこんでいた。 しかも、スマホの電池残量が少なかったので、充電器に挿しっぱなしにしていた。 帰って来て、大量の電話がかかって来てるのを見て、愕然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜ケ丘デイサービス寄席

昨日は、月一恒例の「桜ケ丘デイサービス寄席」に行ってきた。 今回も、寅吉さんとご一緒した。 今回、寅吉さんは、「桃太郎」。 ぼくは、「はてなの茶碗」でご機嫌伺いしてきた。 ぼくの「はてなの茶碗」、あわてて数日前から覚え始めて、いきなりの高座。 師匠がいたら、大いに叱られる高座だったと思うが、案外うまくいった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可児爆笑寄席

22日土曜日、「可児爆笑寄席」に行ってきた。 岐大落研の方たちと、ぼくたちのような「地元愛好家」が共演する寄席である。 岐大の子には交通費が出るが、ぼくらは完全なボランティアだ。 ちょっと不公平だと感じている。 月一回、帷子爆笑寄席と可児爆笑寄席が交互に行われる。 見に来られる方たちもほぼ一緒である。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

さようなら、福寿さん。

われわれの「笑福の会」の会長さん、長坂亭福寿さんのお葬式に出席してきた。 ブラシのような眉毛の会長さんだった。 棺の中でもその眉毛は濃く、豊富で黒々としていた。 まだ69歳だった。 脳梗塞で倒れられてから、この2年ほど入退院を繰り返しておられたみたいだ。 脳の病気は怖いとつくづく思う。 昨年だったか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日、おしゃべりサロン寄席

毎月、第一水曜日は「おしゃべりサロン寄席」の日。 今日は、14~5名と少し少なめだったが、こうして、楽しみに待ってくださる方たちがいるだけでこっちも嬉しい。 幸い、昨日の台風の被害もなかったようで、みなさんいつもの笑顔で迎えてくださった。 ぼくは、「試し酒」。 寅吉さんは、「老婆の休日」。 今日は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

落語から塾講師

今日は、午前中、初めてのデイサービス施設さんでの寄席だった。 寅吉さんと二人で、約一時間、落語を聞いて頂いた。 ぼくが「死ぬなら今」、寅さんが「てんしき」でご機嫌をお伺いしてきた。 ま、お元気そうなおばあさんばっかりだったのでよく笑っていただけたのだが、今日の高座は、本当に狭かった。 座布団がはみ出すくらいだった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8/22桜ケ丘デイサービス寄席

8月22日水曜日は、桜ケ丘デイサービス寄席。 いつもの30数名のお年寄りに落語を聞いて頂いた。 寅吉さんは「もう半分」。 じろ吉さんは、さんざん迷ったあげく、「ひらりん」。 というのは、ここのところお年寄りだからということで、軽いネタばかりやっている。 だから、たまにはきちんとした落語をと思ったりも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8月おしゃべりサロン

本日、第一水曜日につき、おしゃべりサロンで落語。 こうして、毎月、お呼びいただける場があるということが嬉しい。 ネタを仕込むのが大変だが、こういうことでもないと覚えないからかえって幸いしている。 今日、ぼくは、「手水回し」。 寅吉さんは、「もう半分」。 寅吉さんも新ネタを入れるのが大変とまくらで言っておられ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桜ケ丘デイサービス「手水回し」

昨日26日は、桜ケ丘デイサービス寄席の日。 寅吉さん「お菊の皿」、ぼく「手水回し」。 みなさん、大喜びで聞いてくださった。 お年寄りでもよく笑う方たちだと本当にやりやすい。 毎月、全部、ネタを変えて頑張っている。 来週は、おしゃべりサロン。 同じ「手水回し」をやろうかと思っている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帷子爆笑寄席「手水回し」

本日は、帷子爆笑寄席の日。 岐大の落研の子がふたり来ていた。 景郎君とは、もう三回ほどご一緒している。 ひとりお休みとかで、かげろう君が2席やった。 もう一人の子は、鵜飼家もちべぇさん。 女の子だった。 ぼくは、当初「幽霊の辻」をやる予定だったが、急きょ変更して、「手水回し」をやった。 手水と書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都々逸

落語の中には、よく都々逸が出て来る。 いま、覚えようとしている9首。 順不同で行きます。 というのは、いま覚えている落語の中でこの順番だからだ。 〇お酒呑む人花なら蕾、今日も酒(咲け)、酒、明日も酒。 〇この酒を止めちゃいやだよ酔わせておくれ、まさか素面じゃ言いにくい。 〇恋に焦がれて鳴く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6月 芸能記録

6月3日日曜日 帷子爆笑寄席「死ぬなら今」 6月6日水曜日 おしゃべりサロン「死ぬなら今」 6月10日日曜日 紙芝居稽古 6月16日土曜日 武雄高校東海支部同窓会 名古屋名鉄グランドホテル 「死ぬなら今」 6月17日日曜日 広見爆笑寄席 「死ぬなら今」 6月24日日曜日 紙芝居稽古 6月27日水曜日 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more