令和の将棋名棋士列伝(8)~広瀬章人~

これは、羽生さんとの竜王戦を戦った後、負けて放心する広瀬八段。 有名な写真です。 プロ棋士はみなさん、こういう思いをしながら将棋を指しているんですね。 そりゃあ、一心不乱に考えて、精魂込めて戦っているのですから、こうにもなります。 こういう写真は、ほかにも幾つもありますが、敗者の顔っていいですよね。 …
コメント:4

続きを読むread more

令和の将棋名棋士列伝(7)~深浦康市~

コロナ騒ぎがやや一段落した感のある昨日、毎月、落語をやらせていただいていた老人クラブから久しぶりにお電話があった。 皆さん、相変わらずのご様子だった。 市からの要請で、落語などは六月いっぱいは自粛してほしいということなので、催しものは全部七月以降になるということだった。 いよいよもう一か月ほどで、前のように…
コメント:8

続きを読むread more

令和の将棋名棋士列伝(6)~藤井聡太~

まさしく次世代の王座に君臨するのがこの人でしょう。 藤井聡太七段、17歳。 愛知県瀬戸市出身、僕の可児市とは県は違いますが、ほぼほぼお隣の町です。 詰将棋選手権でもずっと優勝しています。 この詰将棋、将棋をやっていればわかりますが、とんでもなくハイレベル。 ぼくなんか、最初のやさしいとされる詰将…
コメント:6

続きを読むread more

令和の将棋名棋士列伝(5)~木村一基~

最近、夜の食事をめちゃくちゃ軽くしている。 おにぎり3個、とか、冷しソーメンとか。 その方が調子がいい。 だいたい、年をとると、そんなに動かないのだから少なくていい。 まして、あとは寝るだけの夕食は少なくていい。 もしくは、なくていい。 現役時代と違って、翌日だって、なにするわけじゃな…
コメント:4

続きを読むread more

令和の将棋名棋士列伝(4)~佐藤天彦~

「雷に打たれてしまえ」 瀬戸内寂聴さんが話しておられた。 東日本大震災の時、寂聴さんは体調不良で床に就いていたそうだ。 だけど、こんなことしてる場合じゃないと、床を払い鎮魂、説法の旅に出かけられたのだ。 その時、御主人を亡くして、嘆いていらっしゃる主婦の方が、こうおっしゃたとか。 「どうして…
コメント:4

続きを読むread more

令和の将棋名棋士列伝(3)~羽生善治~

かつて将棋界の絶対的な君主だった羽生善治氏も、寄る年波には勝てないのだろう。 最近では、ちょこちょことタイトル戦に顔を出すものの昔の強さは感じない。 だけど、羽生さんが強さのバロメーターになっていることに違いはない。 やはり天才はいくつになっても天才なのだろう。 ぼくの広告会社時代の友人が将棋…
コメント:6

続きを読むread more

令和の将棋名棋士列伝(2)~渡辺明~

「夏の甲子園」が中止になりました。 これを目標にやってきた高校球児にとっては、最悪の中止決定だっただろう。 世の中、思うようにはいかないものだ。 甲子園じゃなく、野球を愛し続けてほしい。 いままで流した汗と涙は、決して無駄にならない。 どんな言葉を投げかけても、チャンスを奪われた恨みを消すことは…
コメント:8

続きを読むread more

令和の将棋名棋士列伝(1)~豊島將之~

本日から、令和の将棋名棋士列伝と称して、まずは10人の棋士をご紹介する。 選出基準は、あくまで僕の偏見と独断によるものである。 気が向けば、ぼくの青春時代の名棋士たちも描いてみようと思っている。 どうして将棋の棋士か、ということになると、将棋が好きだからというだけの理由である。 そういう意味で、囲…
コメント:4

続きを読むread more

黒川弘務検事長

安倍さんもつくづく人を見る目がないみたいですね。 あれだけ大騒ぎしたのに、黒川弘務検事長、賭け麻雀疑惑が浮上してるとか。 検事長が、公序良俗に反することをしちゃぁいかんでしょう。 だけど、おぉっと思ったことは、そこに朝日新聞の社員が混ざっていたという話。 いよいよ言論だけでは生ぬるいと実力行使、嵌めに…
コメント:10

続きを読むread more

ショーシャンクの空

名画特集などとえらそうなことを言って、大変後悔しています。 ショーシャンクの空。 描いてみたのですが、これは似顔絵でも何でもない。 永久にボツにしたいのですが、昨日はこれに手間取って、他がありません。 すみません、似てない似顔絵で勘弁してください。 …
コメント:0

続きを読むread more

クリント・イーストウッド

Stay Homeの中で、テレビの名画を楽しみにしている人は多かろうと思う。 そのランクが出ていた。 「ローマの休日」、「ショーシャンクの空」、「サウンドオブミュージック」、「ゴッドファーザー」などが並んでいた。 どの作品も何度見ても感動が呼び起こされる。 それを見て、思い出したのが、この方の「マジソ…
コメント:8

続きを読むread more

中江有里さん

中江有里さん、ぼくはこの人の書評を結構チェックしている。 「味」の好みと一緒で、本も好みがある。 そして、味わいたい部分も違うのだ。 僕と彼女はそこが一致しているような気がする。 もともと、彼女がアイドルとしてデビューしたころから悪からず思ってきた経緯がある。 彼女がラジオ脚本で作家デビューした…
コメント:2

続きを読むread more

岡村隆史さん

岡村隆史さん、この方のラジオでの発言が問題視されて、ちょっとした騒ぎになっているらしい。 なんでも、このコロナ騒ぎで経済的に苦境に立った家庭の娘さんが、風俗店で稼ぐようになる。 自分としては楽しみだ、みたいな発言だったらしい。 ぼくも叱られそうだが、そんなみんなで袋叩きにするような発言なのだろうか? …
コメント:6

続きを読むread more

古田肇岐阜県知事

わが岐阜県の知事、古田肇さん。 年齢を見ると、ぼくと同級生です。 見た目はあまりぱっとしないのですが、県政手腕はなかなかのものでかなり買っています。 今回のコロナ騒ぎでは、岐阜県も結構なピンチに立ったのですが、徹底したクラスター叩きが功を奏したように思います。 岐阜市のクラブからの感染では、初期だけで…
コメント:6

続きを読むread more

吉村洋文大阪府知事

今回のコロナ騒動では、国より各都道府県の首長さんたちの言動が、よほど大きくマスコミの電波に取り上げられた。 「三蜜」という言葉を生み出したのは、小池都知事だし、「緊急事態宣言」も国に先駆けて北海道がいち早く出した。 さらに、いつ、どんな形で「緊急事態宣言」を緩和するか、その指標を最初に示したのは大阪府であった。 …
コメント:8

続きを読むread more

ファーストサマー・ウイカさん

最近、やたらとみるようになったお顔です。 ファーストサマー・ウイカさん。 何人かと思ったら、この方の名前が、初夏みたいですね。 で、これを、英語で言うと、ファーストサマー、それだけじゃおさまりが悪かったのでしょう、続けて本名のウイカさんということらしい。 わかれば、な~~んだ、ですが、ちょっと不意を突…
コメント:2

続きを読むread more

土屋アンナ

嫌いな女シリーズ、第三弾は、土屋アンナ。 見るからに喧嘩っ早そうでしょう? そういう女、嫌い。 ただ、それだけのこと。 実際にお会いしたら、結構いい人だったりするかもね。 嫌いな女シリーズ、あまり評判がよくないみたいですから、この三人で終わりにします。 ところで、あと30いくつ似顔描けば、…
コメント:6

続きを読むread more

室井佑月さん

なんでも前の新潟県知事と結婚される由。 ま、よかったんじゃないですか? でも、おいら、この方、かなり嫌い。 “金スマ”は、わりと好んで見るのですが、この人が出てると変えたくなってしまいます。 他の番組でも、言ってることが生意気だなぁと思うことしばしばです。 その昔、この人の小説を読んで、ずい…
コメント:8

続きを読むread more