朝ドラおじさんことバナナマン日村さん

バナナマン日村.jpg



「朝ドラ大好き」のTシャツで最終週を締めくくってくれました。

これで完全に「エール」が終わりました。

ぼくも「あまちゃん」の時以来、暫らくロスしそうです。

小説で言えば、実に「読後感のいい、爽やかな」ドラマでした。

最後まで、暗示が上手な演出でした。

病床の音さんが「海が見たい」といったら、いつの間にかそこは出会った頃の砂浜。

寂しかったのは、ぼくももう年老いて思い出の地巡りの年齢になっていることでしょうか。

死の間際にこうやって、思い出の地に還っていけたらいいなと思った次第でした。

しかし、人生として与えられている時間は思った以上に短いものでした。

何にもしてないうちにもう老齢です。

ぼくの人生の意味って何だったんだろうってつくづく思います。

今日の日村さん、くびき野さんからのリクエストで描いたのですが、まさにドンピシャのタイミングでよかったです。

リクエスト、ありがとうございました。





















"朝ドラおじさんことバナナマン日村さん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント