伊藤準規選手

伊藤準規.jpg


大好きな選手でしたが、今季までで戦力外通告を受けたみたいです。

毎年、こうして球団を去る選手が出て来ること、仕方ないのですが、やっぱり好きな選手には思いが残ります。

好きすぎると似顔絵はなぜだか似なくなります。

描き直しても描き直しても似なくて、諦めました。



伊藤準規、2008年、岐阜城北高校からドラフト2位でドラゴンズに入団。

最初にもらった背番号は、エースナンバーの18でした。

まさに、将来のエースとみなされていたのです。

落合政権下、チェンとか吉見が主軸で頑張っていた時代です。

ハンサムで足が長く、顔が小さい今風の若者で、ドラゴンズの先行きは明るいと感じたものです。

向こう気の強いピッチングも魅力でした。

期待は大きかったのですが、やはりプロとしてはいささか体の線の細さが目につきました。

さらに、ジャイアンツにはクイックモーションができないところを見破られ、散々走られました。

プロで生き残るには、強靭な肉体が第一です。

ま、結局、さして活躍することもなく、十数年のドラゴンズ生活を終えることになったわけです。

プロ野球選手は、どんなに最初絶賛されても、その後の活躍がないとすぐ職を失います。

まぁ、それも覚悟の上のはずです。

憧れのドラゴンズのユニフォームにそでを通せただけでも大変な幸せ者なんですから。

前を向き直す勇気をもって、新たな人生にチャレンジしてほしいと思います。

アルモンテやシエラ、ロメロなども再契約を結ばないのだとか。

来期構想から外れた多くの選手たちのこれからの人生、さらなる活躍を祈ってます。
























"伊藤準規選手" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント