松井一郎さん

松井一郎.jpg



「大阪都構想」が反対多数で潰えさってしまいました。

これを推し進めてきた大阪維新の会は、看板政策をなくして糸の切れた風船状態になってます。

事実上のドンであったこの方は、責任を取って、市長任期終了とともに政界を去るみたいです。

橋下徹さんといい、この方といい、去り際は実に潔い。

諦めの悪い粘着気質の大阪人らしくないと感じるのは、ぼくだけではなさそうです。

だけど、なんだか、本当に人事を尽くしたのかとなると疑問が残ります。

ぼくは、大阪府と大阪市の二重行政は、解消した方がいいと思っていました。

だけど、その構想が「都」といういささか大時代的な方向に行ったのがよくなかったんじゃないかと思います。

東京は東京。

大阪は大阪らしい自由闊達な自治を模索しなければ、地方自治の意味がありません。

結局、市民へのサービスが悪くなるという反対派の論拠を崩せなかったのが敗因みたいですね。

それ聞くと、なにやってんだと腹が立ちました。

最初の失敗が生かせなかった、ということは、やっぱり細部にまで神経が行き届かなかった努力のなさのせいでしょう。

壮大な構想であればあるほど、細部に神は宿るのです。

いろんなシミュレーションを重ねる時間はあったはずですから。

ま、最初っから、「徒労構想」だったのかもしれません。

松井市長に、どうもご苦労様でしたとは言いたくない気持ちの悪さが残っています。

















"松井一郎さん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント