秋川雅史さん~千の風になって~

秋川雅史.jpg



聞いて驚きました。

この方の「千の風になって」で、お墓に私はいませんという歌詞からか、お墓参りが極端に減ったんだとか。

特に、今年のお盆はコロナの影響もあって、お墓参りがうんと少ないという。

ぼくもあの歌を聞いて、それはそうだろうなとは思っていました。

死んで魂だけになった人がじっとお墓にいるなんてありえないと。

でも、だからといって、お墓参りはやめたとはならないでしょう。

死者もお盆はお墓にいますよ、きっと。

そう思います。

だけど、コロナで今年は見合わせますという家族は多いだろう。

死者もそれは残念だけど仕方がないと思っているはずです。

死者にまで寂しい思いをさせるなんて、コロナはつくづくつまらないやつだと思います。



実は、昨日、塾講師で頑張ったせいか、今日はどうも夏バテみたいで調子が悪い。

毎週水曜日のバドミントンもお休みした。

肩の痛いのが気持ちも萎えさせる。

年をとると、順調ばかりとはなかなかならないものである。





















"秋川雅史さん~千の風になって~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント