黄書海(薄宏さん)







内モンゴルの労働改造所で出会った羊飼いの黄書海。

陸一心は、彼に日本語を学び、母国の言葉を習得していきます。

広大な大地が日本語学習の黒板。

書いたらダメという教えを破ったばかりに、追及される一心。

黄書海にも厳しく糾弾されますが、それこそが彼の精いっぱいの友情だった!

ここも泣きました。

「大地の子」、ほんと良いドラマでした。



黄書海.jpg



おりしも、21日、僕の行っている塾で漢検の試験があり、試験官で行ってきた。

ぼくの教えている「龍至」君が受験しに来ていた。

彼だけが試験時間が40分で、残り10分は、帰りたそうな顔してヒマそうにしていた。

提出された解答用紙を見たが、たぶん合格している。

ここのところ急に力を付けて行ってるのがわかる。

それが嬉しい。

一番上の級は、中学3年生の子が準2級を受けていた。

この子のも解答を見たが、おそらく受かっている。

中3で準2級も立派なものだ。

わが校の生徒さんはよく頑張っている。























"黄書海(薄宏さん)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント