名作「おしん」

NHKは、むかしの朝ドラを放送してくれる。

ぼくは、あまり見ないが、家内はしょっちゅう見ているようだ。

先日も、「ゲゲゲの女房」だったかを見ていた。

ぼくはどうももう一度見る気にはならないのだが、「おしん」は違った。

見るともなく見ていたら、次回が気になった。

主人公にすぐ感情移入できる。

粗筋は知っていても次が見たくなる。

それに、時代考証が素晴らしいのだろう、「そんなこと…」という部分で妙なリアル感がある。

「おしん」はやはり名作中の名作だと思う。

よくネタバレ注意なんて書いてあるが、名作はネタバレしようが惹きつける力があるということだ。

「おしん」の時の小林綾子さん。

ほんとうに田舎の娘然としていたが、その後やたらと洗練されたご婦人になられた。

「なつぞら」では、国宝級イケメンの天陽君の母親役であった。

時代はすぐに移ろう。

「おしん」を見ていて思ったのはそのことだった。



小林綾子.jpg























"名作「おしん」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント