川内優輝選手

確かこの人、県庁の職員だったですよね。

ぼく、いつも思います。

アスリートって大変だなって。

ちょっと目立つ記録出したりすると、求められるのはそれ以上の結果。

この人も平凡な記録しか出せなかったら、こんな地獄を味あうことなかったんじゃないですかね。

毎回、苦悶に喘ぎながら走ってます。

そういう印象しかありません。

野球選手も一緒ですね。

一回でも快刀乱麻の投球を見せると、それ以降は、それの再演しか求められないですものね。

マラソン選手と違って苦悶の表情はしないのですが、心の中は苦悶に歪んでいるんでしょうね。

ヤクルトが大変なことになってます。

ヤクルトファンは思っているはずです。

なんで、ヤクルトなんか好きになったのだろう、って。

強かった時代があればこそ、夢を託すんです。

ドラゴンズファンだって同じです。

昨日は、ジャイアンツに快勝。

勝つ時って、いいところでホームランが出るんです。

野球なんて、相手には点を取られずに、こっちだけ点を取れば簡単に勝つんですけどね。

春先好調な出だしだっただけに、この泥沼の連敗が信じられません。

ヤクルトの豹変ぶり、ホント他人事とは思えずにいます。



画像
















"川内優輝選手" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント