さようなら、Iさん

ぼくの大事な知人の方が亡くなった。

家内のところに、午前中、訃報が届いた。

今朝、息を引き取られたとか。

わが家全員が、マッサージをやってもらっていた。

胃がんで入退院を繰り返されていたが、全摘出後の経過がよくなかったようだ。

一時期は、お元気になられて、仕事も再開されていたのでこちらは安心していたのだが。

やっぱり、ガンは怖い病気である。

ぼくとは学年こそ一級下だが、ほぼ同年だ。

航空自衛隊の戦闘機のパイロットだった方だったので、飛行機の話ではすごく盛り上がった。

ぼくは、グライダーくらいなのに、同格扱いでいろいろ専門的なこともお話しくださった。

落語も聞きに来てくださった。

まぁ、ヘタな時だったから申し訳なかった。

今なら、もう少し楽しんでいただけたはずなのに。

人はいずれ死ぬ。

だけど、親しい大事な方の死は心底痛い。

さようならIさん。

又あの世でお会いしていろいろお話しましょう。



画像



















"さようなら、Iさん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント