常盤貴子さん

ドラマ「グッドワイフ」。

常盤貴子さんが弁護士役に扮している。

ぼくは、この常盤貴子さんを見るたびに複雑な気持ちになる。

実際には、美人だと思うのだが、なんかの拍子にとんでもなく普通の女性に見えたりする。

妖艶な雰囲気を醸し出してると思うのだが、どこかまことに健全に映る。

どんな役でもこなせるようだが意外に不器用にも感じる。

以前、「花筐」という映画を見たが、前衛的な役なのに、へばりつく保守的なものを感じた。

そういう中途半端さが気になる女優さんである。


ところで、題名の「グッドワイフ」。

これがまたいかにも半端だ。

今どき良妻賢母なんてあるわけない。

この平成の世にあって、「グッドワイフ」ってどういう人のこと?

そう思う。

実際にお会いしたら、ものすごく美人だろうし、お話したら、その知性に打ちのめされるのかもしれない。

でも、ファンは勝手なことを考えるものだ。

常盤貴子さん、僕にはどうも理解できない方である。



画像




















"常盤貴子さん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント