そんな道理があるわけないじゃないか!

先日、家内と車の中でしゃべっていた時、ぼくが、

「必ずしも思惑どうりってわけじゃないんだけどね…」みたいなことを言ったら、家内が「わた鬼」の台詞みたいな言い方ね、って笑いだした。

ご存じ、橋田寿賀子作の「渡る世間は鬼ばかり」、通称「わた鬼」である。

つい先日、2時間スペシャルかがあったようで、家内もテレビの前に座り込んで見ていた。

そのイメージがあったのだろう。

「そんな道理があるわけないじゃないか…」。

えなり君がそんな台詞を言っていたらしい。

家内に言わせると、今時そんなこと言う若者っていないと思う、そう言う。

橋田寿賀子独特の言い回しだけど古いというのである。

なるほど、そうかもしれない。

橋田寿賀子だから許されるけど、若手が書いたら間違いなく叱責されるだろうと力説する。

確かに、大御所だから許されるというのはどうなんだろう?

そう言う意味じゃ、磯野波平さんもそうだ。

いまどき、「左様!」という人はかなりの絶滅種だ。

まして設定的に言えば、多分リタイア前だし、定年後としても60代前半だ。

カツオ君の年齢からすれば、40代後半くらいにも思える。

同様に、奥さんの「フネ」さんも「女学校時代のお友達」はないだろう。

近所にまで響くほど「ばかもーーん」っていうお父さんもさすがにいない。

その点、向田邦子のドラマなどは、設定が戦時中とかハッキリしているから違和感はない。

言い回しにも時代性がある。

ぼくが橋田寿賀子のドラマを嫌いなのは、そういうところにもあるのかもしれない。




















"そんな道理があるわけないじゃないか!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント