土屋 太鳳(つちや たお )

土屋 太鳳(つちや たお )。

NHKの連続テレビ小説「花子とアン」をご覧になっている方ならお分かりになるであろう。

花子の妹の「もも」ちゃんである。

画像


北海道に嫁いで、ひどい苦労をして東京の花子のところにやってくる。

そこで、画家さんからのプロポーズを得て、結婚し、女の子を設けるが、ご主人が結核でそちらの看病のために女の子を花子のところへ置いていく。

この辺までが、昨日までの話である。

ところで、朗読教室の生徒さんが教えてくれたのでネットで調べたらほんとうに

「太鳳は本名。胎児の性別を教えない産院で生まれたため、名前を決めるのに困った母親が「生まれたばかり

の裸の赤ん坊が雲の上で寺子屋のような低い長机に正座し、細長い紙に筆で『二月三日生まれ 女 太凰』と書

いていた」という内容の予知夢を見たことに由来。予定日は先だったが夢見どおり2月3日朝に突然女児が誕生

したため、「女の子なのに『太』という字を名前につけていいのか?」と家族が「太」の字を中国の辞書で検索した

ところ「女性の尊称(西太后等)にも使う」とあったことから、女児に使ってもよいだろうとの結論を得る。

しかし当時「凰」は人名漢字になっておらず、「雄」という意味になるが形と意味が似ている「鳳」を使い「太鳳=

たお」と命名された」とかいてあった。

ドラマの中では、同じ姉妹なのに「もも」ちゃんは、なんだか辛い人生を送っている可哀想な役柄だが、実際には

大いなる幸せを抱いて産声を上げた女性なんだろう。

次の春の連続テレビ小説、「まれ」でも今度はヒロインを演じるらしい。

頑張ってほしいものだと密かに応援している次第である。

明後日、金曜日には「あさいち」にも出演するらしい。

こちらも見逃さないようにしなくてはいけない。

なんだかNHKの番宣みたいになってしまったが、お許しいただきたい。

なぜ、今日は土屋 太鳳かというと、つい先日、知人のYさんという女性に偶然会った。

ここのところ、仕事先でお会いしないなと思っていたら、二人目の出産育児で仕事から離れられたようなのだ

が、なんと胸の病気になったらしく実際には仕事復帰は無理らしい。

12月まで育休で休みをもらっているらしいが、そのままリタイアされるようである。

久々だったので喫茶店で少しおしゃべりをしたのだが、笑顔がひどくさびしい。

まるで「もも」ちゃんだった。

何か僕には言えない話でもあったようだが結局向こうも触れず、こっちもあえて聞くことはしなかった。

女の人生もなかなか難しい。

キャラッと笑う以前の彼女に戻ってほしいものである。













"土屋 太鳳(つちや たお )" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント