田中眞紀子さん

らん太郎。さんのリクエストで描きました。 最近、チャチャっと描いて、似てるような似てないようなの線を行こうかななどと偉そうなことを考えています。 でも、この方、その描き方で描いたら、なんとも微妙な似顔絵になってしまいました。 ま、いいか。 似てても似てなくても、誰もどうでもいいことなので。(笑) …
コメント:10

続きを読むread more

塚田晋也さん

「おかえりモネ」、脇役陣、もう一人。 塚田晋也さん、という方らしい。 肺がんで、最後の希望でかつての奥さんたちのために大きなテーブルをオーダーした喫茶店の店主。 ようやく少し気になる役どころが出てきたが、当の果耶ちゃんはやっぱりきょとんとするしかない。 主役なのか脇役なのか、はっきりしない。 …
コメント:8

続きを読むread more

あぐり~田中美里さん~

いま、「あぐり」の再放送をやってますが、このとき彼女はちょうど二十歳だったんですね。 美容家吉行あぐりさんの半生を描いたものですが、朝ドラに出始めは本当に初々しかったですね。 その後もずいぶんいろんな番組や映画に出ていらっしゃるようですが、よく知りませんでした。 どれくらい前だったか忘れましたが、「…
コメント:6

続きを読むread more

二階幹事長

ぼくは、どうもこの人が好きになれない。 国民の感覚に近いなどとほめそやす報道もあるが、そうなのか、よくわからない。 だけど、いずれにせよ、これからの日本は中国とどう接していくか、問われることになる。 この方は親中派らしいが、どうやっていったほうがいいか、国家百年の計を示してもらいたいものだ。 …
コメント:12

続きを読むread more

田中角栄氏

ロッキード事件で、この方が捕まった時、僕は雑司が谷のアパートに住んでいました。 田中角栄邸からは、数キロしか離れていませんでしたので、ヘリコプターが何機も飛んでいたことを覚えています。 バタバタ、バタバタ、やけにうるさいなぁと上空を見て驚きました。 あっちにもこっちにもヘリコプターが飛んでいたのです。 …
コメント:8

続きを読むread more

清原果耶さん

「おかえりモネ」、どんどんつまらなくなっていきます。 今日のセリフで、この作品の裏テーマが見えたのですが、「どこまでも真っすぐ、そして明るく」みたいですね。 ありえない。 この世は、だいたい、不条理なもので出来上がっています。 清原果耶ちゃんの演技力は底知れぬものがあります。 こんなぬる…
コメント:12

続きを読むread more

立花隆氏逝去

ぼくもこの方の著作はずいぶんと読みました。 「臨死体験」「宇宙」etc…。 身近な疑問に科学的に切り込んでくださってました。 あれだけの好奇心を生涯燃やし続けられた。 それだけで十分幸せな人生だったんじゃないでしょうか。 ※知人の古いノートパソコンを借りました。  みな様のところにも訪…
コメント:8

続きを読むread more

中谷美紀さん

「JIN~仁」のときの中谷美紀さん。 gatten-shochiさんのコメントで描く気になりました。 ていうか、花魁役の中谷美紀さん、という単語に惹かれました。 今までの経験からすれば、こういう動機で描くと大体似ない。 でも、今回はまぁまぁかな? ま、実力的にこれ以上望んではいけません。 …
コメント:12

続きを読むread more

浜野健太さん

ぼくが浪人していたころの友人にそっくりです。 確か早稲田に行ったから優秀な人でしたが。 よく一緒に麻雀したりしました。 東北のほうの出身でした。 浜野健太さんっていうお名前なんですね。 脇役でよく見てるように思うのですが。 PCの不調ですが、マイクロソフトエッジがいかんのじゃな…
コメント:8

続きを読むread more

内野聖陽さん

「おかえりモネ」のお父さん。 ぼくは、この人を見ると、なぜか「JIN」を思い出してしまいます。 坂本龍馬役でしたか…。 タイムトラベルできるのなら会ってみたい方の一人なんですが。 いかん、また、消えそう。 PC,調子悪いです。 …
コメント:8

続きを読むread more

夏木マリさん

モネがお勤めしている登米の女ボス。 この人もいい人役です。 夏木マリなら結構意地悪で邪悪な側面を持つ役でもこなせたでしょうに、残念です。 ま、でも、この方も相変わらずきれいだし、色気のある人ですよね。 もう70近いはずですよね。 その昔、東銀座の会社に勤めていたころ、この人にそっくり…
コメント:8

続きを読むread more

藤竜也さん

お帰りモネのおじいさん役で出ていらっしゃいます。 頑固そうだけど根はいい人設定だと思う。 お帰りモネがやや面白さに欠けるのは、そのせいだと思う。 みんないい人たちである。 現実にそんなことはないし、十代の女の子は自分の夢に向かって、明るく張り切って毎日を過ごす、その姿がいい。 脚本家は、そん…
コメント:11

続きを読むread more

加藤翔平選手

ロッテからドラゴンズにトレードされて来ました。 トレードされたのは、加藤匠馬選手。 ドラゴンズはいささかキャッチャーが渋滞してますので、こういうトレードになったのでしょう。 木下選手がほぼ正捕手の座に座りましたので、新天地が与えられるのならそうしたほうが本人のためでもあります。 僕は、大いに歓迎してい…
コメント:6

続きを読むread more

前田航基くん

お寺の子。 家を継がないといって、家を出てモネのところに居候してました。 ま、音楽では食えないからやめたほうがいいと思いますが。 ※いよいよパソコンの調子が悪く、中断が多くなってます。  買い換えようにもお金がないからできないし。  どうしたものか。 …
コメント:10

続きを読むread more

蒔田彩珠さん

らん太郎。さんのリクエストで、「おかえりモネ」の妹役、蒔田彩珠(あじゅ)さん。 今朝の朝ドラ受けは、母親役の鈴木京香さんでした。 つい最近の回の映像が出ていました。 この子、なかなかいい味出してます。 高校生の娘らしく、ちょっとㇷ゚ッとして反抗的だし。 わが娘たちの高校生時代を思い出します。…
コメント:8

続きを読むread more

フランキー堺さん

以前、この方の「私は貝になりたい」という映画を見た。 BC級戦犯に問われ、絞首刑になった一兵士の話であった。 それまで善良な市民として暮らしていた人がこういう目に合うという実に悲惨な話であった。 実は、数日前、ある投稿を読んだ。 どうも故郷の近所の様子に似てるなと思ったので、友人に問い合わせて…
コメント:10

続きを読むread more

阿部寛さん~ドラゴン桜~

テレビドラマ、いま割りときちんと見てるものに、この「ドラゴン桜」があります。 学習塾の参考にもなりますので。 例えば、暗算。 ぼくも数字と数字の組み合わせで答えを暗記するように指導してます。 計算するよりうんと早い。 英語も耳から覚えなさいと言ってます。 期せずして、二つとも同じで…
コメント:6

続きを読むread more

笹生優香さん

この方がプロデビューしたての頃の試合を見ました。 飛距離が女子のレベルではないと解説者が言ってましたが、それは皆さん必ずそうおっしゃいます。 よほど飛ぶんだと思います。 ま、ゴルフで飛距離は大きな武器ですから、それで全米オープンも勝てたのでしょう。 フィリッピン人との2世だとか。 お顔も…
コメント:6

続きを読むread more

堤真一~平岡円四郎~

NHK大河ドラマ「青天を衝け」。 平岡円四郎が斬殺されました。 慶喜の側近にこういう人がいたなんてちっとも知りませんでした。 同じ水戸藩士にやられたんですね。 そりゃあ、やられますよ。 最近、テレビ見ててもホントつまらないことが多い。 渋沢栄一も見るとはなく見ているだけだ。 …
コメント:8

続きを読むread more

クリストファー・ロイド

ここまで出せば、この方を描かない手はありません。 クリストファー・ロイド。 博士役の通称“ドグ”。 タイムマシーンを作った天才科学者です。 この人のセリフにもいくつもの名セリフがあります。 ところで、ぼくが未来に期待する発明品の最たるものが、タイムマシーンです。 もしそれができたら、僕…
コメント:6

続きを読むread more

マイケル・J・フォックス

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」公開のころ、ぼくはこの人をそんなにかっこいい俳優さんとは思わずにいた。 でも、テレビで久しぶりにこの作品を見て、あぁ、かっこいいんだなと再認識した。 ぼくが、未来からやってきたこの若者を見ても、やっぱり救命胴衣を着こんだ船員だろうくらいにしか思わないはずだ。 そういう固…
コメント:6

続きを読むread more

リー・トンプソン

この方がパッとわかる方は、かなりの映画通だと思う。 「バック ツー ザ フューチャー」。 おや、まだわかりませんか? マイケル・J・フォックスが過去に戻り、イジイジ煮え切らない父親と母親をいい仲にしようとしたときの母親役の女優さんだ。 スポーツ万能でかっこいい自分の息子にポッとしてしまうという…
コメント:8

続きを読むread more

ジャン・レノ

「レオン」、ナタリー・ポートマンを描いてこの人を描かないのは、片手落ち。 ということで、ジャン・レノさん。 今では、うんと渋みのある俳優さんになってます。 この人の面白いのは、目の演技がまるでできてないところ。 ふつうは、目はモノを言うので、目で笑ったり悲しい表情をしたりするのだが、この方はあまり…
コメント:8

続きを読むread more

ゲイリー・クーパー

「真昼の決闘」。 この映画を見て、ぼくは西部劇にあこがれました。 学校からの帰り道は、必ず物陰に隠れ、隠れして、見えない敵を撃ってました。 そして、帰宅すると、拳銃のホルダーを右モモにぶら下げ、早打ちの訓練をしてました。 もう気分はすっかりゲイリー・クーパーになりきってました。 で、そのころ…
コメント:11

続きを読むread more