藤竜也さん

藤竜也.jpg



お帰りモネのおじいさん役で出ていらっしゃいます。

頑固そうだけど根はいい人設定だと思う。

お帰りモネがやや面白さに欠けるのは、そのせいだと思う。

みんないい人たちである。

現実にそんなことはないし、十代の女の子は自分の夢に向かって、明るく張り切って毎日を過ごす、その姿がいい。

脚本家は、そんな風に思っているのではないか?

毎朝、ぬるい白湯ばかり出されるといやになる。

おちょやんのトータス松本さんは、プリンに醤油をぶっかけたような役であった。

人間、生きていくと必ず誰か、ストレスになる人物がいるものである。

悪役のいないドラマはつまらない。

人生も胃が痛くなる人がいないとつまらない。






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

jisei
2021年06月18日 17:34
モネさん最後は気象予報士になるそうですがあれくらいの勉強、営林署と掛け持ちで合格できるのか心配です。あの森田さんでさえ第1回の気象予報士試験に落ちています。合格者が少ないので試験を年に2回にしたそうです。あちこちのテレビに出ている可愛いお天気お姉さんたちみな気象予報士の資格を持っているとしたら才色兼備ですよね。
jisei
2021年06月18日 17:35
忘れました、似顔絵座布団ものです。
gatten-shochi
2021年06月18日 21:02
 藤竜也って、最近はコミカルなオジサン役が多いような(^^;
イメージは、タイトルは忘れましたが梶芽衣子と共演しているドラマで、小料理屋の端っこで静かに飲んでいる渋めのお兄さん(ちょっとヤクザ系)でした。
「龍三と七人の子分たち」で「あららららぁ~」って(^^♪
目が優しい。
2021年06月18日 21:07
確かに、気の抜けたビールの味みたいなところがありますね。
これから、東京にでもでて、試験で苦しみや失敗するのでしょうが、ホンワカばかりでなく、事件が起きないと面白くないですね。
ごろー。→jiseiさん
2021年06月18日 22:21
いくらドラマの中のこととはいえ、ちょっと現実離れしてますよね。
合格者5%の難関なのですから、実際のことならあきらめたほうがよさそうです。
世の中そんなに甘くない。
死に切り勉強しても受かるかどうかでしょう。

勘違いする子が出てきたらそれこそ罪深いと思いますが。
ごろー。→jiseiさん
2021年06月18日 22:24
そんなわざわざ…。
ありがとうございます。

似てるような似てないような。
自分的には、ちょっと微妙なのですが、ま、ほめていただいたので良かったです。
ごろー。→gatten-shochiさん
2021年06月18日 22:29
七人の子分たち…、見ました。
日本映画伝統のコメディってあんな感じですよね。

藤竜也もあの映画に出て、肩の荷が下りたんじゃないですか。
一番のはまり役でしたから。

そう、昔のカッコつけてる頃のドラマは全然本人の良さが出ていない。
この方ももっと難しい役どころでもこなせる実力があるのに、って思います。
ごろー。→What's up?さん
2021年06月18日 22:34
そうですよ。
カタルシスのないドラマは、気の抜けたビールです。

第一、清原香耶ちゃんにしろ、藤竜也にしろ、出ている役者さんは実力者ぞろいなんですからもっと難しい人間模様をやらせてみたい。
あんな、みんないいひとドラマなんかやらせるなって思います。

さて、これからどういう展開になっていくのでしょうね?
らん太郎。
2021年06月21日 01:34
柴田恭兵とコンビで出てた
大追跡、のイメージで
同じなんだけどなんだか違う人みたいで
妙な感じで見てます

でも、カッコいい爺ちゃんですよね。
2021年06月21日 10:37
ごろー。→らん太郎。さん
2021年06月21日 10:38
確かにかっこいいおじいちゃんですね。
昔は、こういう芯のある老人って多かったですけどね。
いまは僕もそうですけど、ふやけた頼りない老人ばかり。

らん太郎。さんは、頑張ればかっこいいおじいさんになれそう。
ぜひ、がんばってください。(笑)