小林亞聖さん死去

小林亞聖.jpg


この方も鬼籍に移られました。

昔、欠かさず見てました、「寺内貫太郎一家」。

雑司ヶ谷に下宿していた時の知人によく似ていました。

容貌は全く似てないのですが、性格がね。

ご冥福をお祈りします。






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2021年06月15日 12:24
音楽だけでなく、色々な才能を発揮された方ですよね。あの体格だから、失礼だがもうとっくにお亡くなりになっていたと思って居ました。心不全とか一番いい亡くなり方ですね。 雰囲気があり上手い似顔絵ですね。
jisei
2021年06月15日 19:24
『北の宿から』がこの人の作詞とは知りませんでした、CMソング、ポップ、演歌となんでもこなしたんですね。あの体形で87歳まで、長寿とダイエットは関係ないみたいですね。
gatten-shochi
2021年06月15日 21:02
 テラカン。
よく観ていました。
作曲家というのは、ずいぶん後になってから知ったような気がします(^^;
西城秀樹が、毎週ぶっ飛んでました(^^)
樹木希林(まだ 悠木千帆でしたかね)も出ていて、自分はそっちでした。
「七人の孫」の頃から好きでした(^^♪

もう亡くなられているのかと思っていましたが、これで貫太郎一家も長女の梶芽衣子だけになりました(不謹慎か)。
ごろー。→What's up?さん
2021年06月16日 21:49
あはっ、家内と同じことをおっしゃってます。
家内も第一声が、もうとっくに死んでたと思っていたぁでした。

体格も血圧もあまり関係なさそうです。
わが近所の方たちも、かえって病気っぽい方のほうが長生きされてますもの。
人間の寿命だけは神のみぞ知るですね。
ごろー。→jiseiさん
2021年06月16日 21:53
まぁ、才能の人だったんですね。
音楽の才と容貌は全く関係ないですね。

でも、たぶんですが、「北の宿から」をお書きになったころが一番脂がのっていたんじゃないですかね?
そんな気がします。
CMソングなんて食うためだけに書いていらっしゃったはずです。
ごろー。→gatten-shochiさん
2021年06月16日 21:57
あぁ、僕も同じこと思いました。
これで、梶芽衣子だけになったんだなぁって。

西城秀樹がぶっ飛ばされて、骨折したのは有名な話ですものね。

寺内貫太郎一家、まぁ、熱心に見てました。
懐かしいです。