カトリーヌ・ドヌーブさん

『シェルブールの雨傘』(1963年) 『ロシュフォールの恋人たち』(1967年) 『昼顔』(1967年) ぼくは、何と言っても、「シェルブールの雨傘」がいちばん先に出て来る。 ミュージカル仕立ての映画は、初めてであった。 歌いながらのセリフだけに、「お帰り、ギー」というのがおかしくてならなかった。 …
コメント:10

続きを読むread more