田中邦衛さん逝去

田中邦衛.jpg



逝去の報が入ると、似顔絵を描いてますが、ぼくの場合、もう多分描かないだろうなというのと、心の中でその死を悼む気持ちからです。

で、描きたくなかったなと思いながら描く人と正直、なんとも思わずに描き残す人がいます。

この方は、描きたくなかった最右翼の人でした。

「北の国」からの黒板五郎役。

ジュンが北海道を離れていくときに泥のついた一万円札を渡すシーン、たまらず泣きました。

ぼくも東京に出ていくとき、親父が駅で小銭をいっぱい手に持たせてくれました。

ガサガサした手の触感が今でも残っています。

いいドラマでした。

最近、ああいう国民みんながこぞってみるドラマが無くなりましたよね。

ご冥福をお祈りいたします。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年04月03日 09:32
一番におもいだすのが「北の国から」の父親役ですね。
あの頃から本当に味のある役者になりましたね。岐阜県出身だったのですね。
私は別れで思い出すのは、大阪へ出る時、母がバス停で流した涙です。
嬉しかったのか、悲しかったのか、いまだに疑問です。
ごろー。→What's up?さん
2021年04月03日 10:02
倉本聰さんが、田中邦衛さんの役を「男が何かを一生懸命やろうとすると、矛盾が起きてくる。それを描くのにぴったりの役者さんだった」というのを見て、「なるほど、そうだったのか」と思いました。
「北の国」からは、いろんなものを思い起こさせてくれました。
幼かったジュンと蛍が成長して社会の中でもまれていく。
決して幸せとは言えない結果。
自分を見るようでした。

お母様の涙は、きっと、過ぎ去っていった過去への涙だと思います。
嬉しいような悲しいような。
gatten-shochi
2021年04月03日 10:16
 「若大将シリーズ」も「北の国から」も観たことがありません。
ものまねされてる姿しか見たことがないです。
脇役で出演されている作品はいくつか観たのですが、特に印象もなく…
有名なわりに思い入れの少ない俳優さんの一人でした。
ごろー。→gatten-shochiさん
2021年04月03日 10:23
そうですか…。(深いため息)

多分ジェネレーションの差だと思います。

ぼくたち団塊世代は、まさに感性がみずみずしい頃に見たドラマですからね。

「北の国から」、今晩やりますからぜひ見てください。
jisei
2021年04月04日 14:58
『北の国から』、あの頃がフジテレビのピークでしたね、今は新聞のテレビ番組は観ますがフジテレビは観たことがありません。バレーボールの世界大会もいつの間にかやらなくなりました。田中邦衛さん、あの顔で俳優になれるのだというのが第一印象でした。
ごろー。→jiseiさん
2021年04月04日 15:24
昔は、フジテレビだけが一つ上を行っている印象がありましたが、いまはどこもダメですね。
特にドラマは、本当につまらなくなってしまいました。

田中邦衛さん、善良が服を着ていた方だったと山田洋次監督が言っていらっしゃいました。
俳優である前に人間性が買われたんですね、きっと。
らん太郎。
2021年04月05日 01:20
北の国からでは
大変感銘を吹けた一小市民
訃報を聴いた時はびっくりしました

そうだなぁ、宮沢りえが出てきたころから
見なくなったかなぁ
純と蛍が大人になってからって言い方も出来るけど

もう88だったのですね
時の流れとは言えただただ残念
これが最初に抱いた思いです。
ごろー。→らん太郎。さん
2021年04月05日 05:08
>そうだなぁ、宮沢りえが出てきたころから
見なくなったかなぁ
純と蛍が大人になってからって言い方も出来るけど

わかるわぁーーー、まったく同感。
あれはね、じゅんと蛍が家を出て行って終わりにすべきでしたよ。