スーザン・ボイルさん

スーザンボイル.jpg



久しぶりにこの方の歌声を聞きました。

スーザン・ボイルさん。

アメリカの有名なオーディション番組で、一躍脚光を浴びた普通のおばさんでした。

ま、この方も「レミゼ」の落し子と言えるかもしれません。

でも、ぼくは他人事ながら嬉しかったですよ。

予選から決勝までの道のりをYouTubeで見て、心の中で応援していました。

どんなに才能を持っていても、容貌の貧しさから描いた夢をあきらめざるを得なかった人たちの希望になりましたからね。

こういう夢物語が現実に起きることがいかに多くの人に勇気を与えるかです。

ぼくは個人学習塾で本当に教えたいことは、夢に向かって努力する姿の尊さだと思っています。

方程式や因数分解を教えても、針の先の知識でしかありません。

子どもたち個々人を見ていて思います。

数学のダメな子は、解き方を教える以前の問題があまりにも多いのです。

世の中のことも大概同じだと思いますが。

日本人の政治の貧困具合は、そう簡単には豊かにはなりそうにありません。

だったら、それを前提にそこから出発するしかないのかもと思いますが、どうなんでしょう?




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

gatten-shochi
2021年04月10日 14:15
 サラ・ブライトマンと勘違いしちゃいました(*_*)
勘違いした自分にびっくりです。
よく知らない人でした…
夢のような話って、あるんですねぇ。
努力が足りないのか、巡った機会をものにできなかったのか…
平々凡々な日々を苦も無く呑気に過ごしております。
まぁ、これも幸せなことではないかと…
ごろー。→gatten-shochiさん
2021年04月10日 15:52
サラ・ブライトマン!!!
思わず笑っちゃいました。
なるほど、gatten-shochiさんって、そういう感じで僕の似顔絵を見てるんですね。
まぁね、気持ちはわからんでもない。
太ったときのサラ・ブライトマンに似てないとは言えないもの。

そうか、gatten-shochiさんの思考回路では、サラ・ブライトマンに行ったんですね。今度、描いてみます。
jisei
2021年04月10日 16:48
政治の貧困、本当に貧困なら日本はここまで発展しなかったと思います。しかし明治の政治家に比べると今の政治家は確かに貧困です。
ごろー。→jiseiさん
2021年04月10日 19:29
政治の貧困は、どこから来るのでしょう?

明治の元勲たちがそれほど立派だったかは、怪しいものだとも思います。

ただ、少なくとも人の道は全員守ろうとしていたように思いますが、どうでしょう?
2021年04月10日 20:42
この人のCD持っています。 声が本当にきれいですよね。姿を見るとちょっとがっかりですが。
日本の政治は政治家に理想を語らせない風土があるからだと思いますね。国民も理想論を言うと「いいかっこしい」的な批判をする。だから、あれを値下げします。減税します的な事しか政治家が言わない。どうあるべきかを議論して欲しいですね。
ごろー。→What's up?さん
2021年04月11日 10:01
What's up?さんが、CDをお持ちとは思いませんでした。
ほんとうにいい声で、歌もうまいですよね。
ぼくは大好きです。
でも、最近は、整形でもしたんでしょうか、変にきれいになって却って興ざめしてます。

政治家が理想を語れない。
それ、相当ダメですよね。
国家百年の計を語るのは、政治家じゃないといけませんもの。

だけど、小泉なんちゃらさんみたいに中身スッカスカの理想論は勘弁してほしいです。聞いてて見苦しい。
jisei
2021年04月11日 16:22
確かに明治の元勲たちはみなお妾、2号さんを抱えそのほうではどうかとは思うのですが辞めた後には膨大な金を賜って豪邸を開き剛毅なものでした。それに引き換え今の政治家はせいぜいタワーマンション暮らしです。
ごろー。→jiseiさん
2021年04月11日 21:43
うーーーーん、もらえるものが少ないから立派な政治家が育たないことにはならないと思いますが。
結局のところ、明治の元勲たちは自分たちの権力で女は囲うわ、もらえるごほうびはたんともらっただけじゃないんですか?

幕藩体制を近代的な西洋風国家に作り替えようとしたその志がよかっただけなんじゃないかと思います。