スージー・クワトロさん

スージークワトロ.jpg






gatten-shochiさんのために。





line_224597667808644.jpg


四人目の孫。

孫は四人とも男の子でした。

多分これで終わり。

初対面でしたが、笑ってくれました。



もうすぐ僕の母の七回忌。

命のバトンは引き継ぎました。

喜んでくれてると思います。



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

jisei
2021年04月01日 15:55
jiseiの孫はまだ上が10歳、せめて高校生ぐらいまで見届けたいと願っているのですが・・・。
gatten-shochi
2021年04月01日 16:38
 ワオッ!
ありがとうございます。
カルメン・マキ同様、いただいてまいります。

中野サンプラザ(東京)のライヴに3年連続で行きました。
1回目(1975年?)は、登場するやいなやステージまで走り寄り先頭集団で盛り上がりました。
彼女が上手に行けばズズッ、下手にいけばドドッとファンも動きます。
なので胸がつぶれるかと…
2年目は3列目あたりに陣取りました(^^;
3年目は職場の女性ファンと一緒に行ったので、おとなしく席で楽しみました。

いいですね、お孫さん。
我が家も一人おりますが、神戸にいるので…なかなかです。
2021年04月01日 19:15
赤ちゃんのお孫さんですか、 うちの一人だけの孫は成人式が終わりました。
へたをするとひ孫が出来ます。
孫は可愛いですね。
ごろー。→jiseiさん
2021年04月01日 21:18
うちの孫も上が10歳です。

まぁ、勉強しない。ゲームばっかりやってます。
大学なんかどこ行く気なののレベルです。

そういう意味で、ぼくはあまり見届けたくないですね。
どうせ、変に悔しい思いをするだけでしょうから。
4人目が受験の時には、91歳。
息をしていても、脳みそがまともだといいのですが。
ごろー。→gatten-shochiさん
2021年04月01日 21:26
で、その職場の女性が今の奥さん?
そりゃあ、おとなしく席で見ますよね。

実は、僕の職場の同僚にもスージークワトロのファンがおりました。
ステレオを組み立てるのが得意で、ぼくの音響設備も彼の手が入って、見違えるようによくなりました。
で、その彼が、レッドチェッペリンとかBoowyとかのレコードを山のように持っていました。
誘われてジャズ喫茶にもよく行きました。
いま、どうしてますか?
ごろー。→What's up?さん
2021年04月01日 21:38
そうですか、今が一番きれいな時ですね。
あ、女の子さんでしたよね?

時の流れは早いから、こんなこと言ってたら、すぐあの世ですね。
一生って長いと思ってきましたが、いやむしろ早かったです。
萬年青年などとおだてられ、気がつけば白髪のじいさんになってました。
どこかで玉手箱を開けてしまったんですね。
gatten-shochi
2021年04月01日 23:33
 職場の女性は妻ではありませんね。
付き合いたいなと思ってはいましたが…
告白しようとしたら、「私も話があるの。今度結婚するの」と言われてヤケ酒をかっ食らった思い出がありあります(^^;

Boowyのことはよく分かりませんがツェッペリンは…あまり活動していないと思います。
米国で何か表彰式みたいのがあって、オバマ大統領も出席してましたが、いろいろなアーティストが彼らの曲を披露しているのをYouTubeで見ました。
ヴォーカルのロバート・プラントが昔のようには歌えないみたいです。

ステレオ組み立て。
懐かしい響きです。
中学3年の頃、見よう見まねで真空管のアンプを設計して組み立てたところ、音が出ずに煙が出てしまいました。
以来、製作には携わらないことにしました。
ごろー。→gatten-shochiさん
2021年04月02日 09:52
そうでしたか!!!
ま、青春なんてたいがいそんなもんですよね。
「好きな人には想われず、好きでもないのに迫られる」。
そうやって、みんな大人になっていく。

でも、どうだったんでしょうね、おとなしく席に座ってみたのがよくなかった。
彼女の手を引いて、ぐいぐい最前列まで行ってたら、案外そこから潮目が変わったかもしれません。
https://solea.at.webry.info/
2021年04月02日 14:05
この人のステージは1度見ました
ステージと言ってもはNHK 放送でしたけどね
黒の肢体にピッチリのレザースーツを身に付けてステージを駆け巡っていたのが
躍動感に溢れていて惹き付けられましたね
長いベースギターを弾く姿が格好良かった、いっぺんで虜になりました。
あの頃NHK では外国のアーチストを盛んに放送していましたよ
ミッシェルポルナレフ、フランスギャル、トム・ジョーンズ 等々、プロデューサーが良かったんだね
日本の歌手だと天地真理なんかがもてはやされていた時代でしたから
スージーは凄く刺激的でした、今でも時々you tube で見ています。
2021年04月02日 14:18
名前を記入しないで投稿してらURL表示になりました
こう言うのってエラーではじくのがふつうなんだけどね
ITで遅れをとっている日本の一端が見えます。
ごろー。→yokoさん
2021年04月03日 06:26
お体の具合はいかがですか?

ぼくも若い時に腰痛で立てなくなったことがありましたので、その辛さ痛いほどわかります。

キャンディーの散歩、大変ですよね。

で、そうか、スージークワトロ。
印象に残っているんですね、きっと。
見れてよかったですね。
ごろー。→yokoさん
2021年04月03日 06:29
URL表示になるのですね。

大概の場合、名無しの権兵衛になりますけどね。

誰だろ?と思いながら返コメ書きます。

URLになってる分、進歩してるということで手を打ってください。(笑)
らん太郎。
2021年04月05日 01:10
いやぁ、ごろー。さんのところで
スージーが出て来るとは思いませんでした
自分はクワトロ白書まで聴いてました
サンプラに行ったのは中学3年のことでした
女、子供にロックがわかるかって時代に燦然と輝く女性ロッカー
あの時代によく頑張ってたと思います。

ごろー。→らん太郎。さん
2021年04月05日 05:01
おっとーーーーーぉ!!!

らん太郎。さんは、スージーまで追っかけてたんですね。
伝説の中野サンプラザのコンサート。
生意気な中学生が背伸びして聞いていたんですね。(笑)

チューリップだけかと思っていましたので、逆にびっくりです。
そして素晴らしい。行動力が。