森明予報士

森朗.jpg



ひるおびシリーズ、この方まで。

家内が、「森さんは描いたの?」というので描いてみました。

ま、こんなもんでしょ。

家内に見せると、「もっと、ああだとかこうだとか」言うのでしょうが。

なかなか進歩するって難しいねと先日もつぶやいておられました。

「♪戦わないやつが笑うだろ~~、ファイト!!!」

中島みゆきさんの歌詞が渦巻いております。(笑)

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年02月24日 14:04
天気予報だけで、よくあれだけ話が持つなと思います。
台風とか、梅雨の時以外でも、いろいろ作り物で視聴者を引き付けて
居ますね。でもあれってこれといったニュースが無い時にやるのでしょうね。
jisei
2021年02月24日 15:23
ひるおびの気象予報士ですね、小道具仕立てで分かりやすいのですが天気予報は要するに明日の天気が晴れか曇りか雨かが間違いなくわかればいいような気もします。今や国民みんな予報士状態ですよね。
ごろー。→What's up?さん
2021年02月24日 21:48
森予報士は、人柄がいいですよね。
作り物がうまく作動しなかったりして、恵さんに突っ込まれても、うろたえてかえって酷いことになったり、いろいろやられるそのしぐさに好感が持てます。
予想が外れても、へへへという笑いでごまかして見たり、愛嬌があります。

気象予報士は、たいへん狭き門の試験を通らなければいけないのでしょう?
そういうのを感じさせないのがいいと思います。
話題も豊富ですよね。
ごろー。→jiseiさん
2021年02月24日 21:55
気象予報の基本知識は、すでに中学で習いますよね。
ブラタモリでは、地学の知識が掘り起こされて、ちょっと知的になった気がします。
森さんの仕掛けは、気象の訳を分かりやすくしてくれるので、ぼくは好きです。
しばらくすると、すぐ忘れてしまうのですが、なぜこういう現象が起きるのかと思った疑問は必ず一回説明してくれます。

ちょうど飲みたかったものを飲ませてくれる、そんな心地よさがあります。