篠原涼子さん

美人の壁。 年が改まっても、この壁を超えきれないようで、苦労しました。 「千代、あんたの思うように生きたらいいのや。そんで、岡安はあんたの家や。いつでも、帰っておいで」。 あの、かっこいいセリフを浮かべながら描きました。 ところで、昨日は、長女一家が来てくれて、にぎやかなお正月になりました。 孫…
コメント:10

続きを読むread more