竹中直人さん

竹中直人.jpg


イッセー尾形さんが西の横綱なら東の横綱は、竹中直人さんでしょうか。

実に、アクの強い役者さんですが、その役ならではのアクの強さという演技の幅で、頭抜けた存在です。

彼の「秀吉」は、素晴らしい演技でした。

さもありなんと随所で思わせてくれたものです。

映画では、「シャルウィーダンス?」ですかね。

こういう針が振り切れている役者さんが、どんどん少なくなっていくようで寂しい限りです。

もっとも、先日見たドラマでは、長瀬智也君が似た感じの面白さを演じていました。

きっと、後進の若い役者さんがどこかで目覚めたりするんでしょうね。

楽しみです。




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

jisei
2021年01月24日 15:02
大河の秀吉、映画のシャウウイダンス、なにをやらせても映になるですね。
ごろー。→jiseiさん
2021年01月24日 15:49
絵になる役者さんがいなくなっている。
そう思われませんか?
まぁ、いてもいなくても、だから何?ですけどね。
2021年01月25日 08:49
この人本当に変人ではないかと思います。
対談なんかでも突然性格が変わりますよね。
演技ではないと思います。
ごろー。→What's up?さん
2021年01月25日 10:02
ウヒャーーーーっ、What's up?さんに言い切られると。そうなんですかねぇ?
確かに、変人的な面って感じます。
あれ、わざとだと思っていましたが、性格がころころ動く性質の方なのかもしれません。
そう思うと、ちょっと怖いですね。(笑)
小枝
2021年01月26日 13:31
竹中さんは横浜のご出身。ほぼ地元といっても過言ではない方です。お歳も私と同じで竹中さんは3ヶ月お兄さんです。

多摩美を出られグラフィックの才能もあり異彩を放っていらっしゃる方ですね。

あるときはクラゲのような…
また、あるときは食虫植物のような…
得体の知れない危ういオーラを放っている。それが竹中さんの魅力のような気がします。
ごろー。→小枝さん
2021年01月26日 15:46
小枝さんが、イッセー尾形、竹中直人でコメントをくださるとは、なんかあるんでしょうか?
で、小枝さんの竹中直人評を見ていて思いました。
そういえば、小枝さんの詩が、時に怪しいベールをかぶることを。
時に、女の脂粉の匂いだったり、時に、観音様の妙なる調べだったり。
その怪しさに惹かれていたなぁと、思い出しました。

ぼくは、もうすっかり詩の言葉をなくしてしまいました。
ま、もともとなかった人ですから、いいんですが。(笑)