坂田藤十郎氏、逝去。

坂田藤十郎01.jpg



朗読でやった菊池寛作の「藤十郎の恋」を思い出します。

この方もまた好きな道一筋で、いい人生だったに違いありません。

ご冥福をお祈り申し上げます。


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年11月15日 21:19
中村扇雀さんのころは映画の大スター
妻の扇千景大臣の頃は中村鴈治郎さんで
確か人間国宝でしたかね。 生まれながらの
大スターでしたね。 大往生ですね。
ごろー。→What's up?さん
2020年11月15日 21:52
小さい頃、この方の映画を見て、憧れました。

いい男って、こういう人なんだろうと思ってました。

学校の行き帰り、東映の映画館にかかっているポスターを見て、次はこれかぁと仰ぎ見てました。

この方も女はしゃぶりつくしたんじゃないですかね?
jisei
2020年11月16日 15:54
そうでしたか、坂田藤十郎、中村扇雀、扇千景さんの相方、どこかで聞いたことがあります。どうも歌舞音曲、歌舞伎の世界は疎くてです。歌舞伎役者というと下半身にだらしないイメージでして、女遊びは芸の肥し、女性を肥し扱いにするのはいまどきとんだセクハラ。
 この人は人間国宝というからそんなことは無かったのでしょう、とにかくご冥福をです。
ごろー。→jiseiさん
2020年11月17日 11:29
いや、いや、そんなこと大ありの方だったみたいですよ。
70歳で、19才の娘さんと色ごとをしたというのは有名な話みたいです。

ま、肥やしまくっていたんでしょう。

人間国宝といっても、内実はそんなもんでしょう。
ゆらり人
2020年11月24日 08:45
この方も亡くなられたのですね。
何だか昔の歌舞伎役者は本当に重きが有りましたね。
顔も歌舞伎顔を心からでていますね。
いまの若い人は他の事にも芸を広げ何処か軽いように思いませんか。
凄く似ていますよ。大絶賛!
ごろー。→ゆらり人さん
2020年11月24日 11:46
褒めていただいてありがとうございます。

そうなんです。
この方の顔って、芯から歌舞伎役者顔ですよね。

さ、このお顔で「女も芸の肥やし」などといわれると、はぁ、そうでしょうね、といいたくなりませんか?
藤十郎の恋を地で生きた人ですよね。実に、羨ましい。