小柴昌俊氏逝去

小柴昌俊.jpg


ノーベル賞受賞者の人生、それはそれで幸せだったんじゃないかと思います。

ご冥福をお祈りします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

jisei
2020年11月16日 15:26
94歳、老衰、あやかりたいです。
ごろー。→jiseiさん
2020年11月17日 11:31
100歳超えて、あやかってくださいまし。(笑)
ゆらり人
2020年11月24日 08:40
大事な人が亡くなりましたね。
何時かはこの世を去る訳ですが、私なんか人知れず奥さんからも忘れ去られ土に帰るのでしょうか。
 残ろうと思えば人名事典に載せられる様な人にならなければね。
 それと惜しまれてる風になるには有名芸能人になれば一時は報道してくれますから・・・・・・・・・????
ごろーさん人名事典の編集に携わっている人を知りませんか、私も載ってみたい・・・・・でも実績無いからな~~~~~(´;ω;`)ウッ…
ごろーさんはきっと載りますよ、更なるご精進を!
ごろー。→ゆらり人さん
2020年11月24日 11:38
人名辞典?
あれ、どこで作っているんでしょうね?
戦国武将人名録の編纂に加わった人は、一人知人にいましたが、彼こそまだこの世にいるかどうか?

ぼくの名が残る?
ありえないですね。
ぼく、生きた痕跡を何かに遺したいとはあまり思っていません。
だって、普通に考えて、ディスられるのがオチですからね。(笑)
「この程度の似顔絵で、名を残す?何考えてんだか」
娘にさえそう言われそうです。